いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

櫻 さ・くら

f0036223_1744194.jpg


「さ・くら」・・には、神の降りる場所 という意味があるそうです。としたら、この満開のこの季節は神さまがあちこちに 降り放題ってことでしょうか・・。私の一番のお気に入りの桜は、リビングから南西方向に見える山の中腹のソメイヨシノ。ただ今 八部咲きです。真下に行って見上げたこともありますが、この自宅から見えるこの角度が一番。ここからでないとだめなんです。寿命60年とも言われるソメイヨシノ・・この分だと満開は、4月9日となりそう。この1本があれば、実は私は十分・・なのです。
が、来週は、生まれて初めて吉野と熊野を訪れます。47歳は、熊野で迎える予定です。
[PR]
by akemi-karko | 2009-04-05 17:44 | 花々 | Comments(1)
Commented by 若葉の頃に at 2009-05-23 00:52 x
さくらの一生の始まりは、花が散り落ちた後の葉桜だということをしってましたか。(学問的にさかのぼってはいけませんよ♪)少し意外でしょ。今年の入学式を演出した見事な桜。小さな新人達を迎える為に「一花咲かせて・・・」といわんばかりに踏ん張っていたに違いありません。きっと・・・
花が散り去り、そのの「さ・くら」が湛える緑こそは貴方の48歳を祝福するための準備を始めたんだよという証なのです。
私自身もこの4月に48番目の年輪を重ねて、途中アララってでかぶれちゃった1型糖尿病とのお付き合いも3年目。治そう治そうって焦った日々も今は昔。家族にも、そして自分にもこうささやくのです。「ほどほどに頑張れよ」って・・・「頑張らないのも方法なのだ」と・・・
とにかく、来年の緑を楽しの一つに数え、”程々に”がんばりましょうね。
あなたの事、応援しています。