ブログトップ

月あかりの産屋

母の庭より・・テッセン

f0036223_714346.jpg


大正浪漫の着物のようにも見えるテッセン。「咲かせるのが難しい」と昔母が言ってたっけ。
聖隷クリストファー看護大学の非常勤がもうすぐ始まる。履歴書と言われても、さて、何年に卒業したんだったかな。得意な教科・・んん、これは産科でいいのかなぁ・・この調子である。聖隷病院のホスピスで父も友人も旅立った。私のオペも聖隷だった。ほんのほんの少しでも、恩返しができるといいのだが・・そんな気持ちもあって引き受けた。第一線の現場にこだわり続けてきたが、こだわりを捨ててみたくもなった。いづれの道もローマ行き・・ここはひとつ楽しい寄り道とさせようじゃないの!
[PR]
Commented by uta at 2009-04-24 09:52 x
おお!すごい。おめでとうございます!がんばってくださいね。
akemiさんの今まで、もちろん全部はわからないけれど、ひとつずつのその確かな歩みが、今に繋がっているんですね。
私も、がんばらなくちゃー。また日曜はゆっくりお話できるといいな。
Commented by akemi-karko at 2009-04-24 10:24
utaさん・・すごいとか おめでとうとか というものでもないです。助産師を目指す学生のサポート。僅か25年のキャリアで伝えられるものは限られます。感覚や感性・・それを磨くには 自ら飛び出してくしかないものね。
 井の中の蛙 大海を知らず・・にならないように。流れる水は腐らない・・安定に満足してたら 腐ってしまうだけよね・・ってなんとなく 最近思う独り言。
Commented by akari at 2009-04-24 19:16 x
寄り道、回り道、大歓迎ですよね・・!起こる全ては常に流れ動いていくんですものね・・・留まるだけでなく、そこにいかに柔であるか、柳の木のように・・と思う今日この頃。って、こちらも独り言でした・・・笑
いくつになってもチャレンジ!そんなakemiさん素敵だと思います。
Commented by akemi-karko at 2009-04-24 21:27
akariさん・・寄り道って楽しいよね。さっきニュース見てましたが、裸になりたい時だってあるんじゃないの?って 私は思いました。
撓る柳のように生きたいなぁ・・とも思うけど どうもボキボキ枝を折りながら生きていくタイプのようで(笑) あちこち傷だらけよ。
akariさん・・ミステリーハンター!!待ってます(笑)
by akemi-karko | 2009-04-23 07:14 | 花々 | Comments(4)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31