いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

ときどき思い出す同室の彼女

f0036223_952525.jpg

オペをした後 2日間ICU、その後移った病室で 数日後に入ってきた同病の彼女は、日本に嫁いで間もない韓国人だった。言葉も通じない異国の地で 病に倒れ 手術とは どれほど不安だったろう。
夜になると彼女はベットを抜け出してどこかへいった。それも何度も・・。
朝がきて 私が尋ねると 「こわい ねむれない」と言った。それはそうだろう。みんな同じ・・とはいえ、彼女にとっては異国。私は持ってきていたアメリカのドリームキャッチャーを渡した。「いい夢がみれるかも・・」と。
翌日、同室者に笑顔でみかんを配っていた。
退院してから 彼女には会ってない。あれから7年・・彼女もがんばっていてほしい
受診の度に 私は彼女をさがしている
[PR]
by akemi-karko | 2009-09-28 09:52 | がんのこと | Comments(0)