いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

快晴のナイアガラ

f0036223_112576.jpg


ただでさえ時差ボケで不眠だったのに この騒ぎでますます目は冴え 朝には空港へ。
トロント空港から エアバスで2時間かけてナイアガラフォールズに向かった
ここは今回どうしても行きたいとの希望があり外せなかった
ナイアガラ到着が午後4時。
滝の見えるレストランで夕食を取り またまたここからが大変で・・
というのも 私たちはスーツケースを引きずっていた
そして トロント市にその夜には行かなくてはならず そのバスターミナルまではタクシーで10分。そのタクシーが捕まらなかったのだ
坂道を3人20メートル間隔で上った スーツケースと共に。
先頭の私が黄色のタクシーを坂の上でつかまえ交渉。
インド人運転手の提案で そのままトロントまでタクシーで向かった
シェラトンセンターホテル着は 彼の言った午後8時ジャスト!!
さすがプロ読みだと3人で感心したのだった。 
[PR]
by akemi-karko | 2010-03-28 11:25 | 地球あちこち | Comments(2)
Commented by 詩音 at 2010-03-28 22:49 x
思いの篭ったナイアガラフォールズだったのですね!
そんな素敵な思いの詰まった街ならば
オンタリオ湖の畔を快適ドライブで向かったトロントでも
きっと思い出に残るような素敵なサプライズもあったのでは!?

何よりご無事での帰還お疲れ様でした!!
楽しい思い出一杯に包まれて良い夢を見ておやすみなさい。。。

Commented by akemi-karko at 2010-03-28 23:10
詩音さん・・ナイアガラは私ではなく カズコさんのたっての希望で。私は4回目。3回目は両親を連れて行って最高に見晴らしのいいミノルタタワーへ行った思い出があり そこもと思いましたが なにせWITH スーツケースですから(笑)諦めました。
まだ時差ボケ中・・・