いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

ミッドワイフクリニックにて(トロント)

f0036223_11131632.jpg

オンタリオ洲では、妊娠すると病院で産むのか助産師に依頼し自宅で産むのかを妊婦は選択する
依頼された助産師は責任もって妊娠期間を見守り 自宅でのお産を手伝う
そのときに必要な七つ道具の鞄の中に ストローが一本。
「そうね、これは大切ね」と微笑めば 「そうよね 小さなことが大切だったりするものよ」と返ってきた。
産婦さんは 少量の水分を取りながら命がけのお産に臨む
日本ではこの水を「力水」と呼ぶ
この水分を取る時に必要なのがこのストローというわけだ
どんな体勢であっても水分の取れるストロー
七つ道具には必須である
考えることは いずこの国の助産師も同じ。・・・とこの書き方は ”月と産声”の書き方だ(笑)

夜勤明け・・今日もお二人のお産をお手伝いしてきました。疲れはしても清々しい気分・・
[PR]
by akemi-karko | 2010-04-06 11:13 | 地球あちこち | Comments(0)