いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34
あれれ… 既婚者だったっ..
by akari at 19:30
鍵さん どうだったかなぁ..
by akemi-karko at 10:26
浦さん コメントありがと..
by akemi-karko at 07:10
今日は。 「しずおかの..
by 望月(浦田)敏弘 at 19:13

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

縁側で

f0036223_10444550.jpg

天皇陛下の御前でも お茶を揉まれた手揉みマイスターの勝男爺さまが 血統書付き柴の愛犬子犬のジョーを 連れて 寄ってくださいました
「茶を揉むには 10本の指がちゃんと動かないとだめだ 小指と親指の腹をそれぞれ合わせ その中に茶をためて 擦り合わせて揉む 教えても 形ばかりでなかなかできるひとはいないなぁ」
勝男爺のこの両手・・宝だと思いました
[PR]
by akemi-karko | 2011-05-25 10:44 | 愉快な仲間たち | Comments(0)