ブログトップ

月あかりの産屋

「しあわせ」とは

f0036223_12331579.jpg


アメリカに持参した本の一冊は、中西進著「ひらがなで読めばわかる日本語」
その中に、「さいわい」について書かれている
”やまのあなたの空遠く 幸ひ住むとひとのいふ”
このカール・ブッセの詩のなかの
「さいわひ」をどう解釈するか
・・(読んでください(^-^))

「さいわい」の古語は 「さきはひ」。
「さきはひ」という言葉は 花盛りが長く続くという意味。
よって ひとの感じる「さいわい」は

「心の中に花が咲き溢れてずっと続く状態」であり それを日本人はしあわせだと感じた

・・とちょっとはしょったが 書かれている

同級会で ある友人にいきなり聞かれた
「こんにちは しあわせ?」
「うん」即答した
答えながら 中西氏の書かれた文章が頭をよぎった
心の中に花が咲き溢れている・・なんて素敵な表現なのだろう
昔の日本人の感性がそこにある

花は自分の心のなかに・・
すべて自分のこころ次第
比較するものではなく。
[PR]
by akemi-karko | 2011-07-19 12:33 | 伝えたいこと | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31