いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

くさの助産院で夕食

f0036223_9304218.jpg

ナーシングホームあしたば20周年記念の催しに友人と参加。
気になっていた映画「病気は回復過程である」(だったかな?)を観れた
ナイチンゲールの看護覚え書きを映画にしたもので監督の小泉文子さんのスビーチも聞けた
看護師が集結した会場
あちこちで 「やはり現場ですよね」の声が・・
帰りに久しぶりにくさの助産院に寄り いつものように美味しい美味しい夕食をごちそうになった
アメリカ土産のアンの写真カレンダーと最新しずおかの文化新書、蔵田たかねのさとの草餅を喜んでくださった(^^)
5時間滞在中、福島のテレビ番組 平成助産師革命をみせていただいた
よくここまで作ったと思わせる内容だった
時々話をしたくなる助産師がくさのさん。
先週届いた寄稿依頼は彼女の推薦だったと昨日知った
[PR]
by akemi-karko | 2012-02-05 09:30 | お産のこと | Comments(0)