ブログトップ

月あかりの産屋

貝母(ばいも)ゆりをKさんへ

f0036223_14405137.jpg

奇跡がおこりますように・・

31日 kさん 逝かれました
黙して 常に動いてらした大先輩の助産師さんでした
人のことを悪く言うこともなく
見ざる言わざる聞かざるをまさに実践されていたkさんから
学ぶこと多く・・
「大病院の産科婦長時代は 管理職となってお産から離れ
さびしかったと思う」 当時の部下であった助産師が言っていました
あの笑顔にもう会えない
まだ信じられないでいます・・
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-27 14:40 | 花々 | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31