いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

その4

どうしても記しておかなければならないことがありました。彼が写真嫌いになった原因の出来事・・。振袖、袴の再入場は、”ゴンドラ”だったのです。あの・・たぶんわかっていただける世代の皆さんが多いと思うのですが。7メートルくらい高い場所から、スポットライトを浴びながら降りてくるのです。式の打ち合わせに彼は参加していません。” Akemi,where we are going?"と彼に聞かれても、大して深く考えずにゴンドラを決めてしまった私・・、”I don't know"と言いながら、細い細い螺旋階段を何とかのぼったのでした。そして、カーテンが開き・・。びっくり!!これがゴンドラかあ・・その設備に素直に感動する私を、彼は冷ややかに”これは、嫌い!”とため息が。もう遅い・・私だって知らなかったんだからと顔は笑顔で彼に謝りながらの降下でした。降りるだけならそれでもよかった・・それがそれがフラシュの嵐で・・後は、ご想像にお任せします。
[PR]
by akemi-karko | 2006-05-02 05:36 | アメリカの日々 | Comments(2)
Commented by at 2006-05-07 23:02 x
カーコさんがゴンドラで・・このシリーズ面白いですよ~是非その時の写真を!フラッシュの嵐ならたくさん残っているはず、思い出がありすぎる結婚記念日ですね。
Commented by akemi-karko at 2006-05-08 09:02
優さん・・このゴンドラね、途中で止まったの。最悪でしょ?撮影タイムだって。おとといの事のように思い出せるよ、呆れた夫の顔とともに・・。