ブログトップ

月あかりの産屋

久々に一首詠む

「星々の 
あまた煌めく 星空に  
君よ 何処(いづこ)と 魂は問う」
 
昨日の朝、出勤する車の中で 詠んだ一首。
なにせ40分かかるんで いろいろ考えることもできます。
10数年ぶり位に 大晦日の夜勤です
さて 行って参ります。
みなさま よいお年を
[PR]
by akemi-karko | 2014-12-30 07:55 | 日記風即興短歌 | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31