いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34
あれれ… 既婚者だったっ..
by akari at 19:30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

今日うれしかったこと

10日ほど前にお産の介助をさせていただいた方からお手紙をいただきました
前駆陣痛(本格的に陣痛が始まる前の 身体ほぐしの準備陣痛とでも申しましょうか そんな陣痛)の段階から関わらせていただいた方でした
当初、ご主人の立ち会い分娩を希望でしたが お産の進行と共に、「担当した助産師(わたしでした)とふたりで産む!」ことを選ばれた産婦さんでした
実際には 看護師や医師の手伝いが必要です
私は 立ち会い分娩をやったらいいと敢えて思う助産師ではありません
お産の主役はあくまで産婦さんと赤ちゃんです。
いいお産をしていただくには 産婦さんの気持ちが優先。
産婦さんの気持ちに添えるように 周囲は動けばいいのです
マサイ族のパパは、奥さんが安心してお産に臨めるように門番をするのだそうです
今回のパパの役割は、お産の場から席を外し、扉の外でエールを静かに送ること。
おふたりとも 立派にそれぞれの役割を果たされました
手紙には その時の気持ちが綴られていました
嬉しい内容でした
手紙っていいですね メールよりいい 字がいい
前にも書いたことがありますが こうした手紙に私は支えられてきました
ありがとうございます(^^)
 
[PR]
by akemi-karko | 2015-11-19 21:10 | お産のこと | Comments(4)
Commented at 2015-11-20 15:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-11-20 16:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akemi-karko at 2015-11-20 18:21
先の鍵さん・・実は私は吉田町出身です(^^)
入浴剤効きました!ありがとうございました。お気持ちが嬉しかったです。
写真 ちゃんと裏にお名前も入れました。
またいつでもここでもFBでも構いませんので困ったことがあればなんなりと。

Commented by akemi-karko at 2015-11-20 18:24
後の鍵さん・・そうねぇ 一期一会の現場です(^^)全力投球!
いつもありがとうね 波動を感じてくれて。