いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

お産した後のお母さんたち..
by jun at 14:15
鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

「お医者がいるから仕事ができる」

タイトルの言葉は 菅晴子先生(元 焼津第一助産院院長)がいつもいつもおっしゃっている言葉です
安全なお産は その母親が胎児だった頃に遡り 導かれるものだと私は思います。
しかし いま目の前のお産に向かい合うと そんなことは言っていられない
お産は やればやるほど 恐さを知ります
よって 心してかかりますが どうしようもない事態も起こりえます
そんなときは やはり医師を頼ります
「お医者さまさまです」
菅先生の言葉は 恐さを知っているからこその言葉。
2500人以上のお産に立ち会って来て 私も同じ思いです。
最終的に頼られる医師という仕事は、なんと大変な仕事なのだろうといつも思います

と、昨日救急車に乗り 改めて思ったこと。


[PR]
by akemi-karko | 2017-03-14 09:10 | お産のこと | Comments(0)