いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

お気に入りブログ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

熊の手 9月12日 デビューいたしました!

 3歳のリリちゃんは、パパとママに話していました。”赤ちゃんは いつ生まれてくるのかなあ?ねえ、りりちゃん”の問いに、”2の日だよ”って。パパとママは、9月の2日かなって思いましたが、その日ではなく 12日だったのです。確かに 2の日・・。リリちゃんの予告通り、夜中に陣痛が起こり、12日の朝入院。2人目にしては、スローペースの進行でした。病院であれば、促進剤を使っていたでしょう。子宮口の準備が整ったにも拘らず 下がってくる気配のないベビー。微弱陣痛には そうして出たい都合があるんだろうと私は思っています。決して 微弱陣痛は悪者ではないと。熊の手のことを、既に私のブログで知ってらしたママ。デビューの日は突然来ました。まず、ひとりで祈りを捧げ、いつものように 天国の小塩すずさんと青山徳子さんにヘルプをお願いしました。3回お腹をなでるところを、大サービスで計6回撫でました。満潮迫る 夜の7時前、髪がようやく見えてきて、そこからは一気!3400グラムの元気な男の子が飛び出してきました。こうして、熊の手第1号、無事安産で そのデビューを飾ったのでした。
 今まで介助させていただいたベビーの中で、私の最高は5300グラム。菅先生は、5500グラムでそうです。大きな赤ちゃんは、比較的ゆっくり時間をかけて出てくることが多い気がしますが、5500グラムのベビーは、入院して1時間だったと言うから、んん・・やっぱり お産はわからない・・
[PR]
by akemi-karko | 2006-09-14 18:16 | お産のこと | Comments(6)
Commented by y-muro at 2006-09-14 21:03
こんばんは^^
熊の手デビュー、大成功で良かったですね!!
それにしても、5000グラム級の赤ちゃんがいるとは驚きましたー
熊の手のバッグは出来上がりました??
Commented by akemi-karko at 2006-09-14 21:27
muroさん・・5000を越えると さすがベビーって感じじゃないの。でも、ベビー。どちらも医者いらずの安産でした。熊の手のバック・・とりあえず 探して 頂きもののPINK HOUSEの巾着に収まっています。なんか・・似合わないんだけど・・。ぴったりの古布を探すつもり。
Commented at 2006-09-15 21:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by annebm at 2006-09-16 04:19
うわー、おめでとうございます!
なんか想像してどきどきしてしまいました。
あの熊の手が「うん、うん」唸っている時に出てきたら、
すごいパワーを感じそうですね!
とても興味深いです。
やっぱり2番目は静岡かな~。
改めてまたお便りしますね。
Commented by akemi-karko at 2006-09-16 16:23
鍵さん・・なるほど。”ひそかな 偶然”って言葉に 共感します。
Commented by akemi-karko at 2006-09-16 16:34
annebmさん・・直接の介助は、私ではなく 菅先生だったんですけどね。何より ご本人が望まれ、菅先生も”熊の手の 出番か”とおっしゃって、デビューとあいなりました。このドリームチーム、先の見えないふたりの期間限定。その期間を 少しでも長く伸ばせたらって思っています。