いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

助産院での 初めてのお産介助

満月翌日の早朝、満潮時に破水。そして 夕方の満潮5時52分過ぎの6時06分に元気な女の子が誕生しました。色白のかわいいお顔がスルッと出たところで、彼女は産声を上げました。まだ、身体はお腹の中なのに。ご主人やお姉ちゃんの見守る中、最後の陣痛でゆっくりと身体が出てきました。首に1回、緩くおへそを巻いて・・。満月は、出血もしやすく・・覚悟はしていましたが、お産後に荒れました。熊の手を使った3例が、3例とも 何らかのアクシデントがあり(どなたも お産自体は ご安産。お産後のproblemです)菅先生と ”次は 熊の手を使わないでいきましょうか・・”ってことに。持ち歩いていた熊の手を いったん箱に戻しました。・・6回サービスで お腹を撫でたのが 悪かったのかしら・・なんて結構真剣に考えました。
 この3人の方々、アクシデントこそありましたが、3人共が、”いいお産が出来ました。熊の手のご利益がありました”と言ってくださいました。どなたも大変だったのに とてもいいお顔をされて退院されたのが救いです。
 まるで しまっていけよと言わんばかりの 勉強の日々でもあります。今日は、5日ぶりに自宅で夜を過ごします。夫とは、道で車ですれ違っただけの日もありました。産婆の夫もまた大変。食事は 満足に造ってもらえないし、山の中で寂しい夜をひとりで過ごさなくてはならないし・・ごめんなさいね。12月のアメリカで 挽回しますから♪


追加・・10月16日、熊の手 再びバックに戻り 持ち歩くことにする。
[PR]
by akemi-karko | 2006-10-12 19:42 | お産のこと | Comments(4)
Commented by y-muro at 2006-10-12 23:17
朱美さん、こんばんは^^
スキン変えたのですね~猫ちゃんかわいいです♪
お産って本人も介助する人もみんな大変なんだなーと改めて思いました。
自分がここにいるのは、たくさんの人に助けて頂いたのですね~
いつもお仕事お疲れ様です^^
Commented by akemi-karko at 2006-10-13 06:41
muroさん・・ちょっと 気分転換で変えてみました。お産は その時になってみないとわからないことって 結構あります。でも、muroさん、これからお産をするかもしれないあなた・・どうか おそれないで。500万年繰り返されてきたことよ、あなたの番がきたのだと思って 臨んでほしい。そのこと 忘れないでね。
Commented by kuroda em at 2006-10-17 22:15 x
朱美さん、満月の日は本当にお疲れさまでした。
私も身内が一人増えたくらい嬉しい出来事でした。
友人の奥さんが朱美さんにお世話になり心より感謝しています。
人は縁で数珠繋ぎです。良い縁は良い縁を結んでくれますね。
一つなくても今の自分はないです。
これからも縁を大切にしたいです。
赤ちゃんが健康ですくすく育つことを心から願っています。
Commented by akemi-karko at 2006-10-18 09:02
kuroda emさん・・確かに ひとつなくても今の自分はなく・・ですね。あの時の kurodaさんの参上が どれほどあのご家族の支えになったことか。私も 感謝いたしました。この世に舞い降りた 新しいいのち・・みんなで見守っていきたいですね。