いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

そこねぇ〜んん。。その分..
by akemi-karko at 10:44
お産した後のお母さんたち..
by jun at 14:15
鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

PON-SANG 2006年 12月18 日永眠

昨夜遅く 東京のタイの友人から電話があり 知りました。とてもピースフルな最期であったとのことです。一緒に彼女の為に祈ってくださいました皆様、心からお礼申し上げます。ありがとうございました。バンコクの大病院のICUで 何人ものスタッフの指揮をとっていたPON-SANGでした。ひとの心にそっと寄り添える素晴らしいナースでした。それは彼女から向けられる温かな眼差しや仕草 立ち振る舞い、その全てに溢れていました。天国であんなに会いたがっていたお母さまと、今頃は再会を果たしていることでしょう。
亡くなった18日、実は、私はアメリカで、彼女がみんなに見守られて旅立っていく夢をみました。直感的になにかあったことを感じて 今日は何日だったかなと起きて確認したのを覚えています。それが18日でした。昨夜 亡くなった日を友人から聞いて PON-SANGが知らせてくれたのだと確信しました。祖母が亡くなった時は ナイロビにいて 落ちるはずもないボタンが落ち おばあちゃんに何かあったんだと思っていたら 翌朝日本の母から電話があり 祖母の訃報を知りました。目に見えるものしか信じられない、科学的でないと信用できない人たちには わからないと思いますが 目に見えなくても思いがあれば それはそこに確実に世界が存在するのだと思っています。私はそう信じて生きています。
[PR]
by akemi-karko | 2007-01-09 06:55 | Comments(4)
Commented at 2007-01-12 10:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akemi-karko at 2007-01-13 09:09
鍵さん・・ありがとう。わかっていても 学習済みのはずなのに どうもできなくて。でも タイムカプセルの件で ウキウキしました。いつも いつも大変なとき助けてくれて感謝です。ソウルフレンドより
Commented by annebm at 2007-01-13 23:44 x
Akemiさん、おかえりなさい。明けましておめでとうございます^^
アメリカ旅行、とてもイベントが盛り沢山だったご様子。
クリスマス、やっぱり日本とまた雰囲気がちがって、よかったのではないでしょうか。
旅立たれたお友達へ、ご冥福をお祈り申し上げます。
世界はつながっていますね。どちらも。
今年もたくさんお話できること、楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いしますね!
Commented by akemi-karko at 2007-01-14 18:57
annebmさん・・帰国して9日、寝たきりでダウンしてました。お手紙のお返事もできずにごめんなさいね。今日、やっと家の中を動いてます。お産があれば 行きますけどね。なんか私の回復を待っていてくれるようで、私は助かってます。こちらこそ今年もどうぞよろしく!