いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34
あれれ… 既婚者だったっ..
by akari at 19:30
鍵さん どうだったかなぁ..
by akemi-karko at 10:26
浦さん コメントありがと..
by akemi-karko at 07:10
今日は。 「しずおかの..
by 望月(浦田)敏弘 at 19:13

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

花々の乱れ咲き

f0036223_17503768.jpg

梅に菜の花 桜も咲く二月。弟の亡くなった33年前の二月は、忘れられない程寒かった。温暖化・・地球はあと10年もたないともいう。今日も新しい命が 産声を上げ この世に舞い降りたのに 地球はどこにむかっているのだろう・・。専ら この話題ばかり。アメリカと中国にかかっているともきく。ひとりひとりの行動で食い止められる段階では もはやないのだろうか。具体策をどなたか提示してはくれないか。どうしたらいいのか・・
 先週、家全体を暖めてくれる16畳用ヒーターが突然故障。足温器を横に倒し、布団の中に入れ マフラーを巻いて 手袋して ちゃんちゃんこ着て寝ています。どうして日本の家は、外より寒いのと夫にいつも聞かれます。確かに 我が家は寒いのです。でも、ヒーターが壊れてくれたお陰で 考えるよい機会を与えられました。壊れたヒーターに感謝!それにしても、災害時の避難所生活の練習みたいだと 布団に入って思う私でした。
[PR]
by akemi-karko | 2007-02-12 17:50 | 花々 | Comments(4)
Commented by kamadatetsuya1017 at 2007-02-15 23:51
そうだったんですか・・随分と若いころに弟さんを亡くされたんですね
どこまでも・・命との深い関わりの中でのあなたの人生
真っ赤な血が・・たぎっているのでしょう
素晴らしい生き方ですよ・・応援してます
Commented by akemi-karko at 2007-02-17 10:29
kamadaさん・・弟は 3歳で白血病を発病し、7歳で天に召されました。私は 12歳でした。あの時 思いっきり泣いとけば 今が違ったかなと思ったりします。12歳で決心しちゃったんですよね、2人分生きること。できっこないのに。応援ありがとうございます。そんなエールが何より嬉しい。
あれから ずっと薬を飲んでませんよ、すごくないですか?脳と足にくる・・あの言葉でブレーキがかかります(笑)
Commented by kamadatetsuya1017 at 2007-02-20 21:18
えらい・・エライ!!
ふたり分の命も・・ひとり分の薬もね・・ガンバレ!・・・笑
Commented by akemi-karko at 2007-02-21 09:55
kamadaさん・・私とkamadaさんの往復書簡ですね。お忙しいのにいつもコメントをありがとうございます。今日は 夜勤です。昨夜の月は 下弦の月でした。今夜は落ち着いていそうです。今日あたり 月と産声次回分が発売です。お楽しみに♪