いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ブログパーツ

お気に入りブログ

最新のコメント

知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34
あれれ… 既婚者だったっ..
by akari at 19:30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

たとえば 今日・・・8

先日の日曜日、長靴はいて 軍手をして UVカットの帽子を被り いざ畑へというすごい状態の時、3人のお客さま。先日の講演を聴いてくださった方が 同じ町出身のひとがいるよということで連れてきてくださったのです。3人というのは、アメリカ、イギリス、イタリアなどでも活躍されている陶芸家 道川章三氏と奥様、イギリス人でタイル画作家のマギーおばあちゃんです。同じ町出身は、奥様でした。それもお世話になった着付けの先生の義妹さんで、且つ高校の先輩でした。突然の訪問では ありましたが、いろいろ繋がって えっ えっって感じであっという間に時間が過ぎました。夫と私が揃って家にいるなんて珍しい一日の,夢のような時間・・でした。
  
 道川省三 ブリジット・ドレイクフォード  アイリーニ・サンダソンによる 陶芸 絵画展

  2007年4月21日~30日
  ギャラリー St.IVES にて(世田谷区 奥沢3-5-13 Tel.03-3705-3050)
    展覧会初日には、手づくりスコーンとイングリッシュティーを出してくださるそうです。
    お近く方、どうぞ お誘いあわせの上・・いえ、おひとりでも。気さくな道川ご夫妻と
    お話されると 楽しいですよ♪

 マギーのタイル画展
  今月30日まで  静岡市清水区 駅前銀座 こまつ屋にて開催中。
[PR]
by akemi-karko | 2007-04-17 06:15 | たとえば 今日・・ | Comments(4)
Commented by aurora at 2007-04-18 14:06 x
本当にすごいタイミングで、素敵な繋がりですね。
世の中は、不思議なパワーと出来事でいっぱいなのかな?

昨日『好きを仕事にする本』が届きました!
早速、二人で取り合いしながら熟読。
詳しいプロフィールを見て、改めて『朱美さん』を感じたり・・・。
『朱美さん』が伝わってくる、素敵な写真と文章でした。
他の方達もみんな素敵でしたね。
また、この本を作っている方達も素晴らしいな~と思いました。
Commented by akemi-karko at 2007-04-18 20:01
auroraさん・・そうねぇ、不思議なパワーと出来事でいっぱい、としか思えないわね。きっと あなたの周りにも・・。
 本が届いたのですね。それは それは・・。ちょっと恥ずかしいので 本棚の奥にしまいました。見えないところに。
Commented by kentaro at 2007-04-19 20:46 x
あけみさんに聞きたいのですが、今は、講演をしたり雑誌の取材を受けたりお忙しいですが、「月と産声」を書くきっかけや経緯、あけみさんが自分の道を歩き始めて世界中の人と知り合えるようになったのはどういう経緯なのかなって思います。
ごく自然に知らず知らずのうちに導かれていったのですか。一番感じるのはあけみさんは人との出会いを大切にする人ってことです。人は人とつながっているのであって、決して一人では生きていないって。素敵なオーラを発することが出来れば、素敵なオーラの人と共鳴して行くのでしょうね。自分もそうありたい、そうなりたいって思います。
Commented by akemi-karko at 2007-04-20 09:50
kentaroさん・・月と産声のきっかけは、たろべぇじゅさんと編集長と食事をしてから ブログに はじめましてにコメント入れてくださって・・それで決まり!このひとについていこうと思いました。それほど 魅力的なひとなんですよ、編集長は。
 最初の外国人は タイのチビです。そこからが 地球人デビューかな。