いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

月と産声 執筆中・・

f0036223_1513319.jpg

筆箱は 高校生の時から使っています。かれこれ29年。まだまだ使えます。あんまり書けないので 編集長を真似てハチマキをしてみました。あちらはタオル地で、私は手ぬぐいです。なるほど気持ちが締まる。書けるかも・・。とそこへ夫が帰宅。どうしたの、朱美?バカボンみたい・・だって。せめて空手キッドにしてほしかったなぁ。まぁ どちらもトントンね。
[PR]
by akemi-karko | 2007-06-05 15:13 | 連載 月と産声 | Comments(12)
Commented by aurora at 2007-06-05 18:37 x
ぷっ!バカボンのパパですか~
豆絞りの手ぬぐいだったのでは?
執筆、お疲れ様です。
原稿用紙に手書きされてるんですね~。
作家さんの書斎を覗いて、わくわくします。
『精子の青春』・・・面白そうです!最近は環境ホルモンや生活習慣、電磁波やストレスなどで大変ですものね。
う~ん・・・タイトルでもある『産声』なんてどうでしょう?
『胎動』や『赤ちゃんの世界(見える・聞こえる・におう・味わう・触れる)』など・・・。
私も文系なんです~!科学は、読んでわかった気になっている程度です・・・。
(私も、朱美さんの主観を読んでみたいな~)
Commented by かとう at 2007-06-06 18:47 x
ハチマキする人いるんですね。あたしがしたのは体育祭のときだけですよっ!!確かに気持ちは締まりそうですけど・・・。漫画の世界みたい。やっぱバカボンですね!!
Commented at 2007-06-06 20:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akemi-karko at 2007-06-07 20:43
auroraさん・・"”安産”で3枚半書きましたが ピンとこなくてね。”産声”で書き直すつもり。ヒントをありがとう!今日も夜勤明け。残念ながらお産は無かったけど ちょっと疲れ気味だったから これも神様のご配慮かしらね・・
Commented by akemi-karko at 2007-06-07 20:47
かとうくん・・体育祭か。懐かしいね・・運動会は大好きだったから。スポーツテストは1級だったよ。そうね、毎日がコメディ漫画の世界の世界ね。
Commented by akemi-karko at 2007-06-07 20:51
鍵さん・・また感想を聞かせてくださいね!外は すごい雨よ・・そちらはどうかしら?
Commented by y-muro at 2007-06-07 22:25
こんばんは。
今回も送って頂きありがとうございます^^
いつも未知の世界にへえ~と感心させられています。
「水からの伝言」は一度見て見たいです。また探して見よう。
そしていつも私を励ましてくれるお手紙をありがとうございます。
Commented by kentaro at 2007-06-07 22:44 x
以前、朱美さんがテレビで取材を受けていた番組を見たとき
朱美さんが「お産に立ち会えることはとても贅沢なこと」って言ってたことが印象的でした。

「幸せ」とか「楽しい」とか、「好き」って言葉じゃなく、「贅沢」って言葉が意外で驚きました。

その場所でしか感じることが出来ない「贅沢」って、世の中にはたくさんあるんだろうなって思います。
お産の現場に立ち会える助産師さんしか味わえない「贅沢」ってあるんだなぁって思いました。

自分は海に入ってるときに「贅沢」って感じるんですが、
経験してみないと分からないことってあるんだろうなぁって思います。

お産に立ち会えることって朱美さんにとっては、とても贅沢で貴重な時間なんだなぁって思います。

朱美さんに助けられたり、心強く思っている人のために、体に無理せずにいてくださいね。
Commented by annebm at 2007-06-08 04:06 x
はちまきをして書こうとする朱美さん。とてもかわいいなあ。
かわいい女性というのはまさにそういうことをいうのですよね^^
お手紙とコピー届きました。毎回こうして遠くにいる私のことを思ってくださり、わざわざ送ってくださって、本当にありがとうございます。
ファンの読者としては素晴らしいメッセージを読むことができることはさることながら..朱美さんが私を思い出してくださるそのこと自体がとても嬉しく、特別に感じます。今回も素晴らしい感動をありがとうございました。またあらためてお便りします。
Commented by akemi-karko at 2007-06-08 17:19
muroさん・・”水からの伝言”は、賛否両論ある本ですが 私は使い続けようと思っています。何かを感じられるきっかけになるんだとしたら、意味は大きいと思うから。muroさんもきっと何かを感じるはず・・よ。
Commented by akemi-karko at 2007-06-08 17:27
kentaroさん・・よく覚えてくれてましたね、その言葉。究極の神秘に立ち会わせていただく・・これは贅沢なこと。感動をいただく・・これも贅沢なこと。自然に対しては 謙虚でありたいと思っています。だから、きっとkentaroさんも海にいて贅沢って感じられるんだと思う。それにしても、kentaroさんは優しい心をお持ちね。伝わってきますよ、文明の利器を通しても。
Commented by akemi-karko at 2007-06-08 17:47
annebmさん・・わかったことは、はちまきってやりっぱなしだと疲れるってこと。外した時の開放感は、着物を脱いだ時のあの開放感に似てるわね。激しいとは言われても かわいいとはあまり言われたことないから嬉しい!ありがとう♪