いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

お気に入りブログ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

チベット その二

f0036223_16284549.jpg

応急処置とはいえ 一晩中酸素吸入していたら翌朝には 大分体が慣れ ゆっくり歩けば世界遺産のポタラ宮にも登っていいとドクターの許可がおりました。10名中重症の高山病は三人。しっかり私は入ってましたが 点滴組プラス酸素不要の強靱な母に僧侶一名の五名がポタラ宮を目指しました。迷惑をかけてしまうようならひとりでも 高度の低い西安まで戻る覚悟はしていましたが 挑戦したかった、それだけでした。
恥じらうチベッタンの女の子・・何度も目が合った女の子です。この写真を見せると最高の笑顔を見せてくれました。
[PR]
by akemi-karko | 2007-10-16 16:28 | 地球あちこち | Comments(0)