いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ブログパーツ

お気に入りブログ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

廊下のつきあたりに分娩室

f0036223_7551565.jpg

五月予定の方の妊婦健診を済ませ 久しぶりに長居をして助産院を後に。と、別れたばかりの先生から電話。玄関で転倒したという。それが18日。すべてはそこから始まった。ベットからひとりで起き上がれない状態、内臓が揺さ振られてる感じで気持ち悪いと言われれば帰れない。泊まることにした。歩行介助を二度した後、電話。待ちくたびれていたお産のはじまり・・。重なった。お産は所用時間二時間の大安産。小さめで経過してきたベビーも2500を越えていてほっとした。朝になり、向かいの整形外科のナースが車椅子で先生をお迎えに。打撲の診断で帰りは歩いて自室へ。医師のひびなしの一言大きく、夕方には歩き回れるほどに回復。もうよさそうだ。その日からまたまた色々あった・・家にはもう六日帰ってない。今日も帰れそうにない。お産と介護の両立を求められたら 私にはできそうにないとつい弱気になってしまう、そんな2008年3月23日です。
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-23 07:55 | お産のこと | Comments(4)
Commented by keiko at 2008-03-23 20:52 x
朱美さんが心穏やかにお家に帰れますように・・・。ご無理なさらないでくださいね!
Commented by akemi-karko at 2008-03-25 07:16
keikoさん・・昨日退院を見送って片付けを済ませ、7日ぶりに帰宅しました。ありがとう。菅先生は、昨日文化センターに日舞の鑑賞にお出かけ。いつもの先生にまた戻ってますのでこちらもご心配なく。
Commented at 2008-03-27 14:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akemi-karko at 2008-03-27 22:01
鍵さん・・そうだったの?ちなみに、あのABCクッキングのトップは 弟の同級生で吉田出身のはず。今日は 助産所部会の勉強会でした。ふたりとも疲れてしまって あのあと 安倍川もち食べて帰りました。開業は エネルギーがほしいね。この時代の開業・・なかなかだけど がんばってほしい。