いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

昨日の産声

f0036223_913017.jpg

またひとつ一生忘れないお産・・「月と産声」に残せたらと思います。夜勤明け2時間寝た後に、ずっと待機していたお産が始まり、そこから24時間近くかかりました。1日半、連絡もない私に 夫から”朱美 いまどこ?”って電話。”いま、帰宅。死にそう・・”と言うと、笑って”死なないでください”と。いつものことなので 彼は慣れっこです。
 大変なお産だったのにも拘わらず、生まれたと同時にものすごく元気な産声を上げた赤ちゃんには感動!がんばったママにも感動!がんばってくださったS医師にも感謝!と、思わず涙を流してしまったお産だったのでした。ありがとう、ありがとう。お疲れさまでした。

 東京のある編集長から、原稿依頼がメールで届いた。表2で1300字。表2とは、表紙の裏で一番目立つのだという。畑違いの業界誌。その業界では有名で売れているのだそうで、テーマは、少子高齢化。肩書きもない、ただの1助産師の私に書けるんだろうか。日本が抱える問題・・考え始めたら 眠れなくなった・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-06-01 09:01 | お産のこと | Comments(2)
Commented by MWMoon at 2008-06-03 03:30 x
6/2付の日経新聞には、助産師や助産所・助産師学校や出生率・・・そういった話題がそこここに載っていましたよ。いろいろと考えさせられました。一度探して見てみてはいかがですか?ご参考までに。
Commented by akemi-karko at 2008-06-03 06:07
MWMoonさん・・ありがとう!見てみます。自分の知識と認識の中では限界がありますから 不安でした。いつもヘルプをありがとう。