いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ブログパーツ

お気に入りブログ

最新のコメント

知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34
あれれ… 既婚者だったっ..
by akari at 19:30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

魔法使いのおばあちゃんの家

f0036223_182789.jpg

散歩中、古い建物だけどなんかキュートなこの家にヒカレ何度も立ち止まっては眺めた家です。窓にはカラフルなアンティークの小瓶が並んでいました。夫に尋ねると、その昔ひとりのおばあちゃんが住んでいて、子供の間では魔法使いのおばあちゃんとの噂があったと話してくれました。魔法使い・・サリーはよく観ていました。こじんまりしたこの家は そのお孫さんにあたる方のサマーハウスとのこと。それにしてもどんなおばあちゃんだったのでしょう・・大鍋を掻き回して なにか怪しいものを作っているおばあちゃん・・まるでマクベスにでてくる魔女のように。それともやさしい微笑みで箒を操るおちゃめなおばあちゃんかしら・・子供たちの想像の世界に きっちりと刻まれているひとりの老婆。あぁ・・会ってみたかったなぁ・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-08-29 18:27 | アメリカの日々 | Comments(0)