いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

お気に入りブログ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

ペルー土産はマザー・テレサの豆本

f0036223_985644.jpg

すみません、写真さし替えました。友人順子さんからのプレゼント4×6センチサイズのこの本は、スペイン語で書かれていますが、写真は目にしたことがないものばかりでした。手元の本のマザーの写真は、殆どが沖守弘氏撮影のものでしたから。ちょっと新鮮な感動です。
 マザー・テレサについて聞かれることも多くなりました。そんな時は正直にお話します。マザーという人に触れて、一番学んだのは、「宗教と人間について」ですと。聖フランチェスコの祈りに感動を覚えたのは確かです。様々な宗教があります。いづれの宗教にしても、「信じる」ことの強さを感じます。信ずる者は 救われるとは、私の周りにいる様々な宗教の信心深い人々と接する度に なるほど・・と思うのです。私の中では、マザー・テレサはその究極のシンボル的存在とでもいいましょうか・・宗教と人間・・私は考え続けていきそう・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-09-22 09:08 | 地球あちこち | Comments(2)
Commented by aurora at 2008-10-16 12:29 x
こんにちは、小さな本ですね~。

私は宗教と言うと・・・お産に立ち会う時、赤ちゃんとお母さんと
力を与えてくれる大きな存在に、自然に祈っていました。
そんな時、宇宙と繋がっているような、なにか宗教的な感じがします。

『宗教』の語源は、『再び結ぶ』 『繰り返す』 だと本で読みました。
新しい命に亡き人の面影をみる時、やはり神秘的な宗教的な気持ちになります。

ターシャ・テューダーさんが家族と考えて信仰していたという
『スティルウォーター教』
今、在ることを・生きること楽しむ・・・素敵だなと思いました。




Commented by akemi-karko at 2008-10-19 19:25
auroraさん・・お産は宗教的なものと ある年の吉村先生からいただいた年賀状に書かれていました。私たちは さながら巫女 ということになりましょう。お産は 奥が深いです。