いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

そこねぇ〜んん。。その分..
by akemi-karko at 10:44
お産した後のお母さんたち..
by jun at 14:15
鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

2006年 02月 02日 ( 1 )

季節の花の美しさって・・

風によって 種が運ばれ 落ちた大地のその場所で、大地の水を吸い上げて、”私の季節”に花を咲かせ、種を残して 何も言わずに土に還る・・花の一生はひとの一生の如くですね。落ちた大地がどこであっても 何もいわずにありのままを受け入れる。嵐であっても必死に大地にしがみついて、踏みつけられて傷ついてもそれでも”私の季節”の為に踏ん張って・・。我が家の庭には、山茶花、水仙、野生の薔薇,梅、槿、雪柳、紫陽花、南天、木瓜、そして咲かない藤・・季節がくるとまるで”私は ここにいるの”といわんばかりに美しい花を咲かせてくれます。また、リビングから見える南に金木犀、その向こうの山には、私の大好きな山桜、東には天に向けてすっと立つ銀杏の木・・ああ・・なんてしあわせなんだろうと思います。そういえば、夫は結婚前会うたびに花を一輪プレゼントしてくれました。それが、たとえ仏壇用の菊の花であっても私はありがたく受け取りました。(彼はそれが仏壇用とは知りませんでした)3年前、大病をして1年動けなかった年のBirthdayには、藤の苗木をやっぱりプレゼント。それは、実家の庭で毎年花を咲かせてくれます。
[PR]
by akemi-karko | 2006-02-02 19:13 | 花々 | Comments(4)