いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

そこねぇ〜んん。。その分..
by akemi-karko at 10:44
お産した後のお母さんたち..
by jun at 14:15
鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

2008年 07月 23日 ( 1 )

田中泯氏の舞い

f0036223_22515645.jpg

人間の滑稽さ 愚かさ 淋しさを舞いで表現する・・どこに視点を合わせるでもない虚ろな視線で 全身の関節 筋肉を微妙に動かしながら音を立てずに舞う ひたすら舞う・・ひとつのいのちがここにあるのだ・・と圧倒される 62歳とは思えない軽やかな動きと日焼けした肩・・無駄のない肉体は鍛えぬかれた美しさが漂う 即興で 感性のまま踊っているのか・・ いやまて 隙のない動作はすべて計算されているのかもしれぬ・・と思いながら 瞬きもせずに彼を追った・・
踊りが終わった後の はにかんだようなやさしい微笑みも見逃さなかった かっこよすぎる 編集長八木洋行氏の写真集 「天龍を舞う」の主役は田中泯氏。一度は観るべきと八木氏に奨められた田中氏の舞い・・またひとり同じ時代を生きていてしあわせを感じるひとに出会えた
[PR]
by akemi-karko | 2008-07-23 22:51 | Comments(0)