いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

2017年 01月 26日 ( 1 )

昨夜の1件

再び 悪寒を覚えながら帰宅すれば 家の前の道の真ん中に 身動きしない動物が横たわっておりました
さて・・なにがあったのか・・何の動物でなぜまたここで どうやって家に入ろうか・・
とりあえず踏まないように 車で家まで入り 市役所に電話。
「明日 回収に伺いますので ビニール袋へ・・」まで聞いて「すみません 無理です・・」触れないし見れません
ご近所の方が 見に来てくださり、昼間よたよた歩いていたハクビシンだねということで、病死か餓死のようでした。
塩と水、箱を用意してくださり 寒い中手を何度も合わせばがら 棒を使って収容してくださいました。
朝になると 水仙の花が一輪箱の上に
どんな動物であれ こうして対応される田舎に住まう方々に 頭が下がります

[PR]
by akemi-karko | 2017-01-26 13:37 | Comments(0)