いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34
あれれ… 既婚者だったっ..
by akari at 19:30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

カテゴリ:日記風即興短歌( 35 )

2006年 2月6日 東京は寒かった

”友誘う 民俗学の森のなか トトロの森が浮かびウキウキ!”
”ヒマヤラの氷が溶けて湖(うみ)ができ 決壊怖るる ブータンの民”
”ネパールの草木を染めし手袋が ツンと冷えたるわが手を包む”
”つかの間の今世で出逢えし 偶然の 君異邦人 我異邦人”
”左目に木瓜(ぼけ)が刺さりて 夫(つま)を呼ぶ 片目つぶるも つぶる目間違う”
”リセットの必要な時は 旅にでる (ふらっとタイへ)にポカンとする夫”
”待合で 90過ぎのおばあちゃん 乗り出す話題は ロッテと巨人”
”頂いたグリーン席のチケットで セレブ気分の東京ー静岡”
”富士川は 水無し川となっており (どうなってるんだ?)と富士に尋ねる”
   本日詠んだ9首です。57577になっていませんが、どうぞ大目に・・。
[PR]
by akemi-karko | 2006-02-06 21:03 | 日記風即興短歌 | Comments(2)

ようやく降りし雨を詠む

“沢枯れて 雨乞いをする山の民 やっと降りたる 雨よさまさま”
”雫得て 山々の精目覚めたり ひとの心も潤う睦月”
"しとしとと 滴る雨も好きだけど どちらかというと 土砂降りが好き”
[PR]
by akemi-karko | 2006-01-31 18:02 | 日記風即興短歌 | Comments(2)

2006 睦月に詠む

”この星のこの地を選び 生(あ)れし我 確かなるのは生きていること” 
”西の空 三日月寂びし 白き月 冬の寒さを知っているかに” 
”ヨガクラス 全て英語で進行す 我の解釈不安が残る"
”眼を閉じて 耳を塞いでヨガやれば 師の声聞こえず いつ眼を開けるの?"
"六歳児 雨ニモ負ケズ暗唱す いい詩だなあ・・と聞きほれる冬”        
[PR]
by akemi-karko | 2006-01-29 08:13 | 日記風即興短歌 | Comments(2)

大寒に・・

”児童らの 色とりどりのマフラーが 今こそ出番と弾ける大寒" "分娩を待ちて待ちての10日間 たまたま不在のその日に生(あ)れし”・・・神様ってちょっといじわる・・いやいや、相当いじわる・・ねっ?でも、とっても元気な男の子、ほっとしました。Welcome to our world!!
                 
[PR]
by akemi-karko | 2006-01-21 20:16 | 日記風即興短歌 | Comments(0)

短歌は楽し

昨年の10月から 突然始めた短歌。既に300首ほど詠みました。何でも私って短期集中の傾向があって。余裕がないとまったく不調。詠めないものです。では、数首いきます。
”真面顔で 散骨依頼する我に 煎餅工場の上に撒くと言う彼”
”風を受け ゆったりもったり揺れる山 ふっとトトロのお腹が浮かぶ” ”眠れぬ夜 フォルクローレの曲聴けば 我が魂は 静かに踊る”           
[PR]
by akemi-karko | 2006-01-13 10:56 | 日記風即興短歌 | Comments(2)