いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

そこねぇ〜んん。。その分..
by akemi-karko at 10:44
お産した後のお母さんたち..
by jun at 14:15
鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

帯津病院の受診日に詠む(やみぃとの再会)

"生(あ)れしとき 死すときもまた ひとりなり  ひとりと思えば ひとりも愛(いと)し・・”
”ひとすじに 君に繋がる この糸の 煌きは 永遠(とわ)に 星となりても・・”
”友に貸す ロックのCD 気が付けば 中身は フジコのベートーヴェンなり”
”友も友 中身の違いに 気が付かず (癒し系)だと 感想述べる”
”4年前 闘病支えし (やみぃ)いる 埼玉の地は Special Place!”
"あちこちに 父の姿が 見えるよな 帯津医院の待合で待つ”
 やみぃは、髪やまつげも抜け 吐き気や便秘に苦しんだ2003年の 私の心を支えてくれた同病の友。がんサバイバーという言葉を教えてくれたのもやみぃ。彼女のつぐむブログの言葉は、私の言葉にとっても似ていて まるで代弁してくれているようでした。”もうあなたが 動かなくたっていいよ みんなに助けてもらおうよ ・・”動きすぎてるか 倒れているかの私をみかねて 私に。ふっと力が抜けました。いたずら好きの子猫のようなやみぃ。ドキドキの検診日には、いつも最高のお楽しみもセットして出掛けます。今回は、やみぃとのデートでした。Thanks,やみぃ♪
当時はまだパソコンなど縁のなかった私。どうしてやみぃのブログを知ったかと申しますと・・お隣の同級のマユミさんが、私へのエールに たくさんの闘病記ブログのコピーをせっせせっせと郵便ポストに入れてくれたのです。さり気ないマユミさんの優しさに感謝しました。
[PR]
by akemi-karko | 2006-07-30 06:04 | がんのこと | Comments(2)

一本の木を彫られて完成のマサイ像

ケニアから遥々日本へ、そして我が家へ。リビングに立つ2メートルのマサイは、6年前のクリスマスイブに私が買ってきたもの。当時はリビングで英語を教えていたので その日は四人の元気な小学生がおりました。私が玄関からこのマサイを小脇に抱え帰宅すると みんなビックリ!ギョッとして、夫も含め全員が固まりました。WHAT IS THAT?マサイの赤は、誇り高きマサイ族の象徴と野性動物との無益な衝突を防ぐための色・・そんな記事を朝日新聞で見つけました。ナイロビに住んでいた頃、マサイの少年からある日、ラブレターが届きました。ノートにスワヒリ語と英語で一生懸命書いてあったなぁ・・。私、余程若く見られたんでしょうね、確かに童顔ではありますが。今頃は、立派なマサイの戦士となっていることでしょう。
6月12日の写真に マサイの胴体が写っています。
[PR]
by akemi-karko | 2006-07-26 13:13 | 愉快な仲間たち | Comments(3)

妊娠中のあなたへ  その1

 ご妊娠おめでとうございます!
あなたを選んで宿った新しいいのちとの長そうで短い日々をこれから重ねていくのですね。どの季節が巡ったら、あなたは母になるのかしら・・。桜を初め、花々溢れる春かしら?ひまわりが太陽に向かって伸びをする夏?燃えるような紅葉が山々を彩る秋?それともすっと空気が澄んで星空に手が届きそうな冬かしら・・?その季節の訪れと共にあなたは母になるのですね。
 今、あなたの体の中では、ものすごい速さで”いのち”は成長しているわ。海から生まれた私たち・・その初めの初めからの進化が、あなたのからだの中で起こっているのよ。なんて素敵なの!
男には体験できないことよ。そう・・あなたは選ばれたの。だから自信を持ってね。あなたはきっとやり遂げるわ。
 お産はね、どこでだってできるのよ。女はひとりでも産むちからと強さを備えているの。でもね、聞いてちょうだい。”どこでだって生めるお産”のハードルは、意外と高いの。積み重ねてきた妊娠の日々が、うんとお産に影響するのは確かよ。”パクパク ゴロゴロ ビクビク”これは無しよ。そして、覚悟を決めることね。母になる覚悟・・。
 (パクパク ゴロゴロ ビクビク はいけませんぞ!・・は、私の尊敬する産科医 吉村正先生が、外来の健診でよく使われる言葉です。覚えやすくて わかりやすくて 私は、いつもマザークラスで使わせていただきます。)
 
[PR]
by akemi-karko | 2006-07-25 18:08 | お産のこと | Comments(2)

MISS.GOAT ゆずちゃんの訪問

f0036223_11555761.jpg

ゆずは、青木の葉が大好き!梅の葉も桃の葉も。"これは花が咲くんだから 食べないでちょうだいね。でもこの辺りの草なら食べてくれると助かるわ・・"なんて話し掛けながら 暫し草刈りに熱中。夫も滝のような汗をかきかき草刈り機と共に雑草と奮闘中。なにせ山に住んでるから限界があります。どこからを草だと見るか・・。にらもブルーベリーもオリーブも枇杷の苗木もぜーんぶ刈ってくださるご主人です。そうそう、ローズマリーだけはいつも残してくれます。彼にしたら 唯一の刈ってはいけない植物らしくて。ふぅー
[PR]
by akemi-karko | 2006-07-24 11:55 | 愉快な仲間たち | Comments(8)

長引く梅雨の合間に・・

f0036223_7225042.jpg

我が家に通じる道・・。右手が100坪の畑。なんの変哲もない一本の道でも、我が家に続く道だと思うとこの道も特別。小川も野辺の花々溢れる畑も、みんな私には特別・・。梅の木の下にまむしがいたぞと言われてから、畑に入るのが恐くて。草って刈らなければ 一体どこまで成長するのか見てみませう、ってなとこです。たまには ぼっーと・・
新月を25日に控え、23日・・今日は夜勤明け。やっぱり 荒れました。色々ありましたが、結果的には とっても元気な4人の赤ちゃんが産声をあげました。ようこそ!どうか健やかに育ちますように・・しあわせでありますように・・♪
今日は、夫とお気に入りのイタリアンレストランへ。そこでは いつも無声の映画を流しています。前回は”ローマの休日”。今日は、”チャーリーとチョコレート工場”。原作は”ウィリー・ウォーカーとチョコレート工場”なのだと夫が教えてくれました。35年前に読んだ本なのだそうです。あまりに愉快でイタリアンディナーよりも映画に夢中になってしまいました。椅子は、完全に映画の方向を向き、首が痛くなるほど見上げ・・。そして、帰りにレンタルビデオに寄って”チャーリーとチョコレート工場”を借りてきました。結末を知りたくて・・。ふたりでまたまた夢中で見入りました。なんて平和なふたりかしら。
[PR]
by akemi-karko | 2006-07-22 07:22 | Comments(3)

"野辺の花”を聴きながら・・

 ブログでもご紹介しました”野辺の花”。実は、この”野辺の花”・・歌としてひとりのシャンソン歌手により大事に大事に歌われているのです。ふらっと立ち寄ったある方のブログで、偶然目にした詩・・。ノートに書き写し、何度も何度も読み返していた詩・・。大切なお友達のBirthdayカードにそっと添えた詩・・。先週、この詩の作詞をされたテルアライ氏より2本のCDが届きました。私がこの詩を大切にしていることを知ってです。届いたCDをドキドキしながら開けて(こんなドキドキほんと久しぶり!)真っ先に聴きました、野辺の花を。どこか懐かしい 素朴なメロディは、その詩にぴったりでした。毎日、口づさんでいます。そして、この歌をマスターしたらライブを聴きに行くつもりです、福岡へ。うめのかずこさんのライブへ・・。ありがとう・・テルアライさん♪
[PR]
by akemi-karko | 2006-07-14 09:37 | 愉快な仲間たち | Comments(4)

折り紙のマザーテレサ

f0036223_22155235.jpg

今日、お友達から届いた手紙に添えられていた折り紙です。一目でそれが マザーテレサであることがわかりました。白地にブルーのラインは、マザーのサリーのトレードマークですから。感動です・・。マザーテレサは、私の原点。私の旅は そこから始まり、今尚 旅の途中なんです・・。
[PR]
by akemi-karko | 2006-07-08 22:15 | Comments(12)

JANIS JOPLIN(ジャニス ジョプリン)の歌声に魅せられて・・

 先週届いた友達からのメールに、”彼女の目は朱美さんの目と瓜ふたつ”だとあった。そう言われたら誰でも気になるだろう。彼女は誰?どんな目をしてるのかって。ジャニスは、27歳でこの世を去った伝説のソウルシンガーである。それも36年前のこと。そして、メールを受け取って数日後、私は彼女の瞳と対面し、その力強い歌声を聴くことに・・。目は、確かに似ているかも。夫もフィトリも似てると言っているし。自分で言うのもなんだが、目はキュートな方って思うんだけど誰か異議あるかしら?ついでに逞しい体つきも瓜ふたつ。小田先生には、いつも”とてもがんに見えませんよ”って言われている。
 そしてそして、更に魅せられたのが、彼女の歌声!心の叫び・・魂の声・・その声の持つパワーに圧倒された。今も勿論聴きながらパソコンに向かい、熱を出す前までは、朝から”Oh!Yeah!"と言って飛び跳ねていた。もしかしたら、エキサイトし過ぎの熱だったのかな・・?ふと今思ったんだけど。
[PR]
by akemi-karko | 2006-07-06 20:17 | Comments(6)

私を癒してくれる誠くん その2

f0036223_1632182.jpg

いい表情を見せてくれる時の視線の先には 必ずママがいます。何があっても体を張って守ってくれる存在であること・・知っているのでしょうね。体調の回復した今日、念のための内科受診。誠くんのおじいちゃまも伯父さまもお医者さま。お馴染みの小田先生も定期検診で誠くん宅へ。夫も含め、みんなでお世話になっているドクターです。受診後は、稲庭うどんと京茄子の揚げ物味噌添えのランチをごちそうになりました。動けるってしあわせ!おかげ様で元気指数は一気にアップ!今日も すべてに みんなに この時に 心からTHANKS!
[PR]
by akemi-karko | 2006-07-06 16:32 | Comments(4)