ブログトップ

月あかりの産屋

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

"しずおかの文化"88 号発売!

f0036223_21145987.jpg

今回は おっぱいでまとめました。構想には時間を費やしましたが、一日で書き上げ 一発でOKの自信あり編です。最後のつもりで書きました。でももう一回との依頼書が届き、やることに。ラストをどうまとめようか・・不眠もあり 全く書き出せないでいましたが、昨夜からちょっとづつ書き始めました。締切の15日までにお産をはじめ、雑誌の取材が東京からや中学での講演、助産師会の講習でおちんちんの話、熊の手の水窪での西浦田楽をオールナイトで見学等 やることがいっぱい・・。どれもみんな手の抜けないものばかり。全部なんとかなるのかなぁ。不安になり 昨夜はわーんと声をあげて泣いていたら、夫が" 完璧を目指さなくていい やることが大切。そのままの朱美をだせばいい"と言ってくれました。泣いてすっきり!昨夜はぐっすり眠れました。泣くのもいいわね。しくしくでなく、わーんがいいわ。
[PR]
by akemi-karko | 2007-02-26 21:14 | 連載 月と産声 | Comments(14)

私のお雛さまは ローズとともにアメリカへ

f0036223_10365626.jpg

静岡グランシップにて開催中の高松宮妃のおひなさま展。友人で戯曲家の又木克昌氏の一人芝居” 戦火をくぐりぬけたお雛さま ” の上演があります。又木氏のお母さまの実話を基にした芝居で 実物が展示されているとのこと。氏のことですから 迫力あり 感動の仕上がりとなっていることでしょう。楽しみです♪このひな祭り展監修者は なんと月と産声の厳しい編集長八木洋行氏。氏のギャラリーツァーもあります。このおふたりの共通は 声がいいこと!目を閉じて声だけ聴いて 素敵な男性を想像してたら・・・しあわせかも。目を閉じて・・がポイントかなぁ。声がいいって得よね。(笑)お近くの方、一緒にいかがですか?
 
  戦火をくぐりぬけたお雛さま  2月24日 25日 12時20分から13時
     (又木克昌氏)                   15時30分から16時10分                      
                     3月3日 4日    11時30分から12時10分
                                  14時30分から15時10分
   
  八木洋行氏のギャラリーツァー
                      25日 3月3日 4日 10時30分からと13時30分       
 25日にお芝居を観てきました。前日に観た母やお友達から 感動したとの連絡が入っていたのでルンルンと出かけていきました。なるほど とても台本が3日前にあがったとは思えない素晴らしいひとり芝居でした。一緒に観ていた八木氏の厳しい指摘も ほほーと驚きましたが ふたりが アドリブで参加した最後列の8歳の男の子のなんとも素直で自然な振る舞いに感動・・泣いていました。芸術家ってのは なんて繊細な感性を共通してもっているんだろう・・とそれにもまた感動した私です。
[PR]
by akemi-karko | 2007-02-23 10:36 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

花々の乱れ咲き

f0036223_17503768.jpg

梅に菜の花 桜も咲く二月。弟の亡くなった33年前の二月は、忘れられない程寒かった。温暖化・・地球はあと10年もたないともいう。今日も新しい命が 産声を上げ この世に舞い降りたのに 地球はどこにむかっているのだろう・・。専ら この話題ばかり。アメリカと中国にかかっているともきく。ひとりひとりの行動で食い止められる段階では もはやないのだろうか。具体策をどなたか提示してはくれないか。どうしたらいいのか・・
 先週、家全体を暖めてくれる16畳用ヒーターが突然故障。足温器を横に倒し、布団の中に入れ マフラーを巻いて 手袋して ちゃんちゃんこ着て寝ています。どうして日本の家は、外より寒いのと夫にいつも聞かれます。確かに 我が家は寒いのです。でも、ヒーターが壊れてくれたお陰で 考えるよい機会を与えられました。壊れたヒーターに感謝!それにしても、災害時の避難所生活の練習みたいだと 布団に入って思う私でした。
[PR]
by akemi-karko | 2007-02-12 17:50 | 花々 | Comments(4)

中学3年生260名に ”いのち”の講義依頼あり

”感覚を 研ぎ澄まして待つ分娩の 待機時間で I 'm worn out(くたびれ果てる)”
・・・エッセイにもテレビにも出ちゃったけれど、どこをどう切り込んでも 今の私には 助産院の開業は 夢のまた夢。でも、それでも この夢は大事に心の中で追い続けていきます。
 今年に入って ずっと不眠と格闘してます。横になれば3分で寝ちゃえる人たちばかりに囲まれているのに・・”人間の 覚醒時間の限界に 挑んでるんかい 私の身体は!”って感じ。
昨日、4,5キロ程歩きました。その前の日は 100メートル位ダッシュしたら、心臓がバクバクしてまるで雲の上を歩いてるみたいでした。明らかな体力、筋力の低下を実感・・。今日も歩きに行きます。昨日、卒業を控えた中学3年生に ”いのちについて”話してはもらえないかとの依頼がありました。15歳・・。今の15歳ってどんな感じなのでしょう。でも、やってみようと思います。
課外授業ね。260名か・・寝かせないわよ、アドリブとジョークを混ぜてやってやろうじゃないの!以前 900名の前でスピーチしたことがあります。全然平気でした。なんか 元気が出てきた感じです。更新もしてないのに 訪問してくださっている皆様、ありがとうございます。
 牧の原市相良中学校で 3月9日と決まりました。自己紹介だけで1時間終わりそう・・さてさて何からお話しましょうか・・。
[PR]
by akemi-karko | 2007-02-09 11:27 | Comments(21)

この海の近くで 生まれ育ち・・

f0036223_1512393.jpg

午前三時過ぎ お産の電話で助産院へ。満潮を待たずに無事生まれました。今日のあの時間があなたの選んだ時間だったのね。ようこそ、でもなかなか大変な時代よ、きっとあなたの力が必要なんだわ。だからこそ、今、生を受けたのでしょう。無意味な生などあるはずないもの。
[PR]
by akemi-karko | 2007-02-04 15:12 | Comments(7)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28