いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

よいお年を・・

f0036223_11301011.jpg

パキスタン ブット元首相の暗殺のニュースに唖然としました。24才の夏、カラチ アブダビ経由でナイロビに入り、一年後の帰国時には カラチ市内を観光。アラビア海を思い出しています・・2008年 世界が平和を取り戻しますように・・切に願います。皆様 よいお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by akemi-karko | 2007-12-31 11:30 | Comments(2)

月と産声 羊水編に訂正

P65上段左から6行目、一分間に150~500CCの羊水が更新され 三時間で全てが入れ替わるという内容の箇所ですが 一分間でなく一時間の間違い。お手元に雑誌若しくは コピーをお持ちでしたら訂正してください。
[PR]
by akemi-karko | 2007-12-28 22:12 | Comments(0)

国際交流パーティにて

f0036223_17592853.jpg

心繋がっている・・と言い合えるインドネシアの友人フィトリの力作お祝い料理。いつもの仲良し面々が勢揃いしました。会長の小田先生の” 自分の講義の方がまだ疲れない”と言いながらも 恒例三分間スピーチで始まった忘年会パーティ。17ヵ国の外国人と共に楽しい三時間を過ごしました。料理一品と皿に箸は持参のエコパーティ。日本太鼓あり、組み空手あり、バイオリンあり、民族ダンスあり・・夫も勿論ギター演奏。
 一年があっという間に過ぎていきます。早いなぁ・・クリスマスイブから東京へ♪珠にはなーんにも考えないで 温泉・・の方がほんとはいいんだけど ふたりでぶらぶら街を歩いてきましょうか、手でもつないで。
[PR]
by akemi-karko | 2007-12-23 17:59 | Comments(6)

長野の絶壁の村 下栗を訪ねる

f0036223_13333886.jpg

取材で二度目の訪問。片道約四時間の道程。そこに住む女性は安産なのだと聞いて行ったのだが・・月と産声のお楽しみということで。原稿書きなおしで振り出しです。
"女には 12本の角がある だから12人子供を産みなさい 一人産むごとに 1本角が取れる12人産めば 12本の角が取れるんだ・・”と89歳のおばあちゃんが話してくださった。私は一人も産んでないから 12本の角が立っているということですね?(まるでコンペイトウだ)と 笑いながらお話。またひとつ、出会いがあって 大切にしたい場所が増えました。
[PR]
by akemi-karko | 2007-12-15 13:33 | Comments(2)

山茶花の根元の水仙たち

f0036223_15191775.jpg


"オペをして 5年経ちたるその夜に ハグして誓う 5年後のハグ”
”この体 消えゆくことが 死なのだと そう思っては 我が掌を眺む”
”5年目の 生存祝いの夕食は 夫(つま)の好物 焼肉と決めた”
”あちこちの あらゆるものに thanksを 言いまくりたい 12月10日”
”フロントの霜を払いて 星空を 見上げて向う 帯津病院”

 川越の帯津受診を終え 向かった先は、矢切。陶芸家kamadatetsuyaさんを訪ねた。お元気かなぁ・・とお顔を見たくなって 連絡もせずに矢切駅。以前連れて行ってもらった 近くの農園のアメリカンクラブサンドを遅めのランチで食べてから さて電話を入れてみよう。いらした。籠って 個展に向けての創作中だった。窯入れに付いていき しばしお話。“苦しくても 書き続けなさい”月と産声のアドバイスをいただいた。楽しい 充実の1時間はあっという間に過ぎたのだった・・ありがとうございました!
[PR]
by akemi-karko | 2007-12-11 15:19 | 日記風即興短歌 | Comments(0)

珍しく二人で気功に通う

f0036223_951546.jpg

お友達の浄土宗の僧侶が お寺で北京仕込みの 気功を教えてくれる。夫婦で何かを一緒にってことがあまりないので 隣にいるだけでも新鮮な気がする。肩に力が入りすぎる夫・・ゆったり ゆっくり・・に耐えられず まだ 終わりの合図もないのに 勝手に終了のポーズに入り 終わっている。それを見た私の笑いが今度は止まらず 笑ってせっかく集めた気が どこかにすっ飛ばないか心配になった。左からと言えば 右から始め 違うよと合図を送れば 急いで左に変えちゃう もぅ ウルトラマンじゃないんだからとまた笑い・・気功が こんなに楽しくて笑っていいんかいって感じ。ともあれ 時間を共有することがなかった私達には よかった よかったということで。終了後の夫が 気功は きつい・・と一言。ええっ!ってびっくりの私。
午後は 埼玉の帯津良一医師が来静。守りの養生より、攻めの養生と講演してくださり、納得納得。そう、養生は守りだけではないのだと思ってきたから。講演の後はまた気功。気功尽くしの12月6日だった。
[PR]
by akemi-karko | 2007-12-07 09:51 | Comments(2)

チベットで出会えた笑顔

f0036223_1927483.jpg

ひとりで近づいていったらニコッと微笑んでくれました。忘れられない笑顔です。
この時間にまだ外来で受診待ち・・信じられません。夜九時になりそうです。なんて乳がん患者が多いんでしょう。私は、時代の先端、つっぱしってるってとこでしょうか。
自宅を出る直前に 長野大鹿村より 山の恵みが届きました。林檎に自家製こんにゃく ピーマンの葉の佃煮 梅の梅酒漬け。ありがたい 嬉しい贈り物が連日。ありがとう!大鹿村で出会った座敷わらしのような女の子、中国にこの秋留学。私が立ち寄るのを待っていてくれたと聞きました。ごめんなさいね、中国は命掛けの旅で とても余裕がなかったの。あちらには慣れたのかしら。まだ7歳ですものね、でもあなたならどこでだって大丈夫!直感でそう思いました。また会える日を楽しみに♪
[PR]
by akemi-karko | 2007-12-03 19:27 | 地球あちこち | Comments(2)