いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34
あれれ… 既婚者だったっ..
by akari at 19:30
鍵さん どうだったかなぁ..
by akemi-karko at 10:26
浦さん コメントありがと..
by akemi-karko at 07:10
今日は。 「しずおかの..
by 望月(浦田)敏弘 at 19:13

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

<   2008年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

本日のおひとりさまランチ

f0036223_12324113.jpg

ひとりなのであるもので簡単に。そばパスタに キムチと胡麻のふりかけをかけ、有機納豆をのせ、その上には たっぶりの釜上げしらす。3月24日解禁されたしらす漁の初物です。有機の蕗は友達から。朝から夫の為に2食分のお弁当を作り、頼まれていた助産師会ニュースの原稿書き、鳴いている山羊のゆずに 好物のあおきの葉をプレゼント。ものすごい勢いでムシャムシャと食べました。
 春ですねぇ・・明日は 実家で法事。弟の33回忌と父の7回忌です。こんな時はあちらから見てるのかしらねぇ 会えたらいいのにねぇ・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-29 12:32 | Comments(0)

民俗学者 八木洋行氏の講話

f0036223_23113716.jpg

この御方が、雑誌、静岡の文化の編集長。本邦初公開!本日の講話のテーマは 野本寛一の世界 でした。開始10分前に自転車に乗って会場到着。きっと鼻歌歌いながら 蟹股でママチャリこいできたんでしょう。寒いなぁといいながら ポケットに両手をつっこみ、パソコン疲れで両目の眼球結膜は真っ赤。ますます魔物に見えてしまいます。講話は・・パワフルで これが面白い!!熱があってぐったりしてたのに、知らぬ間に 聴き入り 八木ワールドの虜。私の師が八木氏とするならば、八木氏の師が野本寛一氏なのだそうです。そういえば 長野の下栗にいらしてました。それにしても 民俗学は まずは歴史的 自然環境的基層の把握から・・とは なんと果てしない課題。めまいがしました。
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-27 23:11 | 愉快な仲間たち | Comments(2)

臨月のゆず・・のはずでしたが・・

f0036223_1531753.jpg

いない間に産んでなくてよかった。やぎは昼間にお産するそうで 立ち合えたらいいなと思っています。なにせ初産。動いておいた方がお産はらくだよと声を掛けました。いざとなったらお手伝いするから大丈夫!人間だってやぎだって 同じ動物なんだから なんとかなるよ。それにしても・・いつ妊娠したの?相手は?まさか犬?なんて??ばかりの変な会話を夫としたのが2週間前でした。
 3月30日、飼い主の方に、まだですか?と伺ったところ、私の間違いだったみたいというではありませんか。えっ?!このゆずの傾げた顔・・どうりで キョトンとしてたわけだ。太っただけということで、ゆずっ!メタボじゃん!!
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-25 15:31 | 愉快な仲間たち | Comments(4)

廊下のつきあたりに分娩室

f0036223_7551565.jpg

五月予定の方の妊婦健診を済ませ 久しぶりに長居をして助産院を後に。と、別れたばかりの先生から電話。玄関で転倒したという。それが18日。すべてはそこから始まった。ベットからひとりで起き上がれない状態、内臓が揺さ振られてる感じで気持ち悪いと言われれば帰れない。泊まることにした。歩行介助を二度した後、電話。待ちくたびれていたお産のはじまり・・。重なった。お産は所用時間二時間の大安産。小さめで経過してきたベビーも2500を越えていてほっとした。朝になり、向かいの整形外科のナースが車椅子で先生をお迎えに。打撲の診断で帰りは歩いて自室へ。医師のひびなしの一言大きく、夕方には歩き回れるほどに回復。もうよさそうだ。その日からまたまた色々あった・・家にはもう六日帰ってない。今日も帰れそうにない。お産と介護の両立を求められたら 私にはできそうにないとつい弱気になってしまう、そんな2008年3月23日です。
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-23 07:55 | お産のこと | Comments(4)

助産院の朝ごはん二日目

f0036223_903725.jpg

ご飯は 焼津第一助産院特別配合レシピです。胚芽米にもち米、麦、黒米、十穀パックに梅干しをひとつ入れて炊き込みます。今朝の献立は 有機大根と油揚げの味噌汁、味噌は三種を混ぜ合わせました。有機ほうれん草に胡麻のふりかけ。おろし納豆。のり。焼き魚は鮭。ひとさまにお出しするとなれば 味噌汁ひとつ作るにも長葱を切るだけでも緊張。きれいに揃えて思いを込めて切りました。ひとのために食事を用意する楽しさ・・こんなに感じたのは45年で初めてかも。
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-20 09:00 | お産のこと | Comments(4)

威圧下で生きるチベットの人々

f0036223_6371816.jpg

5ケ月前に出会った笑顔。チベット人は もともと穏やかで謙虚で おくゆかしい民族だと読んだことがあります。余ほど・・なのだと察します・・心配です。
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-16 06:37 | Comments(2)

飛び魚の塩焼き 800 円なり

f0036223_22253180.jpg

久々に小田先生訪問。一緒に 焼津 まぐろ茶屋へ。先生オーダーの飛び魚に びっくり!びっくり!ボーイング25だっ!と先生はニコニコでした。まわりのお客さまも振り返ってました。さすが焼津。豪快です。塩で焼くという極めてシンプルな調理 しかし 究極の贅沢ですね・・と。20分かけて焼きあがりました。これで800円、ごはんに味噌汁 小鉢に漬物付きで300円増し。入ったときしかないメニューとのことですが これは絶対お薦め!
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-15 22:25 | Comments(2)

倒れた枇杷の木の葉を乾かす

f0036223_952380.jpg

葉の裏を見せて倒れている枇杷の木。ありがとう・・と声をかけながら一枚一枚葉を切らせていただきました。枇杷の葉は 自然療法に使います。痛みのある部位に 葉を当て 茹でて熱くした蒟蒻をのせてしばらくすると 毒素が葉に移り痛みも和らぎます。がんの末期の痛み緩和にも利用します。また枇杷の実を食べるとがんが治るとも 日間賀島のおばあちゃんが教えてくれました。近くの方で必要でしたら 枇杷の葉をどうぞ 取りにいらしてください。まだ 枇杷は頑張っていますから。
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-14 09:52 | Comments(0)

一本の菜の花

f0036223_923781.jpg

黄色に桃色は 春の色。山里は 日々 春色に染まりつつあります。挿し木から3メートル近くにまで伸びていた枇杷の木が 根元でポッキリ折れていました。朝からショック・・。亡き父が植えてくれたもの。折れた理由を知りたいと思いました。・・と思っていたら ご近所のおばあちゃんが みかんとブロッコリーを持ってきてくれました。そして尋ねました なぜ折れてしまったんでしょうか?と。春は 狂った風が吹く。この頃は午後になると特にそうだ。葉が茂っている枇杷・・きっと風の仕業にちがいないと。でも早めに手当てしたら 大丈夫とも。おじいちゃんが明日手当てしてくださるそうです。よかった・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-13 09:23 | 花々 | Comments(0)

医療崩壊に危機感を!

小児科医である友人から メールが届きました。産科、救急の問題は氷山の一角。あと数年で盲腸などの外科手術もできなくなる程、外科も崩壊寸前なのだと。映画”シッコウ”を観て、アメリカは怖いと言っていたのは昨年。(NYから帰国中の清美さんによれば、体調を崩して 諸々の検査をやったら 250万円かかったのだと言っていました)でも、アメリカのことどころではありません。大きなうねり・・人任せではなく、ひとりひとりが 本気で”これでは困る!”と 政治家に訴えていかなければ 状況は悪化の一途です・・メディア関係の方、議員さん、これから市長を目指している方、今こそ本気で動いてくださいませんか!
 勿論、医者を必要としない体、心づくりは基本です。コンビニ感覚で救急を受診は医師のストレスを増すことに・・の新聞記事にも納得です。私たちにも 体の異常に対して敏感過ぎる、自己判断ができないという弱さがあります。極端に言えば、昔の人々は、熱が出れば 足の付け根や頸動脈を氷で冷やしたり、薬草を煎じて飲んだりと知恵もありました。お産も一人で産んでいました。ちょっと真剣に考えてみませんか?思い出してみませんか?そんな時代もあったということ・・。
[PR]
by akemi-karko | 2008-03-11 19:16 | Comments(4)