ブログトップ

月あかりの産屋

<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

盆栽はスモールワールド

f0036223_1936186.jpg

僅か二センチ程の花・・野の花にしても 精一杯さに やはりヒカレ・・。右手右腕の具合がよくなく MRI予定。左手はずっとリンパ浮腫。両手使えなくても 足があるさ!と いつも最悪のパターンも考えておき、前向きになれる習性がありまして。
 
頚椎椎間板ヘルニア・・またひとつ病名が増えちゃいました。これで三つ!神経痛とよくあちこちで見かける言葉が 医師から出た時は、私は一体いくつよ?って思いましたが、抗がん剤の影響もあるのでしょうね。患者さんの痛みがまたわかってよかったです。それにしても、右手をかばって 守ってきた左手のリンパ浮腫が今度は悪化。ん・・うまくいかないものだ・・。でも、同時にひいていた風邪が治まってくれたので、痛みさえ我慢すれば 何とかお産の介助もエッセイも書けそうです!ご心配なく!
[PR]
by akemi-karko | 2008-04-30 19:36 | 花々 | Comments(10)

まっすぐな視線・・

f0036223_206216.jpg

守らなくてはならないいのちですよね・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-04-28 20:06 | Comments(2)

盆栽もまたよろし

f0036223_2041034.jpg

27日朝五時より六時まで NHK教育 こころの時代 に帯津医師がでられるそうです。是非どうぞ!起きれたらですが。再放送は五月四日午後二時から。
[PR]
by akemi-karko | 2008-04-26 20:04 | 花々 | Comments(2)

春の雨のなかセントレアへ

f0036223_1593496.jpg

体調不良が続き 助産院でのお産 頼まれていた自宅分娩も申し訳ないのですがお断わりせざるを得なくなりました。そんな日に眺めた私の駆け込み寺的友人宅のお庭の牡丹です。
[PR]
by akemi-karko | 2008-04-24 15:09 | 花々 | Comments(2)

ジャック・カーコスキーメモリアル

f0036223_14181058.jpg

毎年アメリカから送られてくる亡き叔父の名を印したTシャツ2008年版が届きました。カーコスキー一族の証。叔父の名のついたバスケトーナメント・・毎夏ニューヨーク州の小さな田舎町で執り行われます。皆に慕われた叔父だったそうです。唯一お会いできなかった叔父でもあります。教会のミサの最中に 祈りの姿勢のまま 心臓が止まり神に召されたのだそうです・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-04-22 14:18 | Comments(0)

朝露光る野の花たち

f0036223_7481613.jpg

東の山から 陽が射し込み庭の野の花が 一斉にキラキラと輝きだした。 きれいだなぁ・・と 読んでいた新聞を放り出し 携帯片手に 下駄を履いて庭に飛びだす。今朝も肩は痛い 肩転移ってあるんだろうか 聞いたことないよなぁ・・ホメオパシー アロママッサージ 整形受診で冷湿布 接骨院での電気ショック 外気功 そして極め付けの西洋医学ナボリンへ。義母ローズ来日まであと4日。これじゃ 笑顔になれないと結構 焦ってます・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-04-19 07:48 | 花々 | Comments(0)

花籠の花分け 野バラ

f0036223_7163763.jpg

一昨日は 浄土宗 了善寺で 少しお話させていただきました。中高年の信心深い皆様を前に 恐縮しながらも のびのびと 和やかに・・でしたが 自分でも自然と語尾を変えていることに気がつきました。経験豊かな皆様に僅か46の娘が何をお話できるのだろうと内心思っていましたから。後でうかがえば、鍼灸師に医師までいらしたというではありませんか。あららっやっちゃったよ~です。
今回は マザー・テレサとチベット医学にヒントを得てみませんか?という内容に絞りました。丈夫な歯は 乳離れするころから歯茎を鍛えることで 体の要の腰を安定させるには うんとハイハイをさせて 皮膚感覚を鍛えることで 痛みや痒みに敏感になり 結果的に場がよめるひとになり 危険も察知できるようになる 犯罪者は統計的に この感覚が鈍く 場がよめず 疎外され 不快になり 犯罪に及ぶというパターンにハマりがちなのだとか。乾布摩擦や泥んこ遊び いいんじゃないですかなんて話も。チベット土産のショールにシンギングボール マニ車・・皆さん興味を持ってくださいました。帰宅後は 爆睡のSundayでした。
(5年間のホルモン療法が終了し、不眠からすっかり解放されました。)
 

 
[PR]
by akemi-karko | 2008-04-15 07:16 | 花々 | Comments(2)

私と共に 46 年目のぼたん桜

f0036223_1739412.jpg

ソメイヨシノより 例年ちょっと遅れて咲くぼたん桜が 今年も実家で花を咲かせてくれました。まるで 私へのバースディプレゼント。嬉しくなります。今年の誕生日は 誕生日を知らない友達からのメールも含め 地球のあちこちから15件ものメールとコールが届きました!ありがとう!その中に 自宅分娩依頼がひとつ、別の助産院から。何でも私の住んでいる山のさらに奥に引っ越してくるのだそうで これはもう私がやるしかないと思いました。これは私への神様のプレゼントなのでしょうか。ここのところ、流れに身を任せ ずっと漂っています・・その内に 自ずと方向が見えてくるはずと信じながら 周囲のイライラを感じながらも 頑固に漂い・・これが今の私には大切な時間なのです。
[PR]
by akemi-karko | 2008-04-12 17:39 | Comments(2)

このコラボにうっとりの一週間

f0036223_722785.jpg

 路肩に車を寄せては何度も眺めた景色です・・昨日は川越、帯津病院受診日でした。肩凝りがひどくて 手もしびれ 首は回らず状態だったので ホメオパシーを始めることにしました。”脂肪肝もあったんじゃないですか?”と尋ねると ”でもマイルドってことだからいいでしょう。左胸の気になるしこりもちょっと大きくなった気がするけど まぁ様子みましょうか”っていうことで。決して 患者を不安にさせないところは 他の患者との聞こえてしまうやり取りを聞いていてもお見事!と思います。”また一緒に飲みましょう!”帰り際に先生が また一段と笑顔を輝かせながらおっしゃいました。あぁ この御方は ひかりだなぁ・・と改めて感じました。 今回は 新幹線の中で 月と産声9の初校修正終え 真っすぐ帰宅の一日。・・とポストには 次の連載の依頼書が。あれっ?もう終わりじゃなかったの??明日は お寺での講演です。さて、何をお話しましょうか・・
[PR]
by akemi-karko | 2008-04-12 07:02 | Comments(2)

今年もまたアメリカの父より

f0036223_21444211.jpg

誕生日プレゼントの花籠が届きました。抗がん剤の治療中なのに 苦しくてそれどころではないはずなのに 忘れないでいてくれたのですね・・そのやさしさに今までどれ程 救われてきたことか。いつもより一回り大きなお花・・なぜ?って 知らず知らずの内に涙が溢れてきました。八月になったら ふたりで行きますから ジグ!どうか この治療を乗り切ってください。
[PR]
by akemi-karko | 2008-04-08 21:44 | Comments(6)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。