ブログトップ

月あかりの産屋

<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

朝 起きるとテーブルの上に・・

f0036223_7524984.jpg

高校時代からのニックネームはペコです。知ってか知らずか、夫の生徒さんからのプレゼントだそうで、ちょっと嬉しい朝です。
さて 今日は学生のひとりが23才の誕生日♪ 知り合いの絵本作家鈴木まもるさんの「みんな 赤ちゃんだった」というかわいい絵本を贈ろうと昨日用意しました。ハッピーサプライズです!
 また、 昨日は ある小学校の校長先生から 高学年(270名)の子供とおかあさん方への“いのちのお話”依頼がきました。それも来週です。小学生には お話したことがありません。さて 受けようか 無理ですとお断わりしようか・・昼の12時50分ギリギリまで考えて考えて、 お受けすることしました。やっぱりやるしかないのだろうなぁ・・いま伝えておくべきことは 伝えておかないとだめなんだろうなぁ・・って思うに至り・・というわけです。
[PR]
by akemi-karko | 2009-06-26 07:52 | Comments(2)

ヒペリカムと小さな蜂

f0036223_8562529.jpg


ここのところ、毎日4時半起床でお弁当(全く内容の異なる3食)を作り、6時に家を出て77キロ先の実習病院へ。学生よりも早い教官です。それも1時間前行動の。昨日の朝は大雨で、バイパスは事故渋滞・・よかった、早めに出ていてと思いました。この実習教官という仕事・・実はなかなか楽しいのです。すべてが私には新鮮で、その立場で 産科病棟やスタッフをみること、お産をみること、学ぶ学生をみること 教科書を読み返すこと・・等など。学生へのアドバイスやコメントをレポートに書くことも 真剣になりますが これがまた自分自身の発見にもなり だから楽しい!
そんな1日の後は、入院中の友人に会いに行って 一緒に夕食を食べたり・・セッテングして帰宅したり。帰宅は夜の8時過ぎ。翌日のお弁当の下準備をして、洗濯をして、除湿器をかけて、お風呂に入って、半分寝ながら夫に「おかえり」を言って・・昨日はアメリカの義父の誕生日。11時半、帰宅した夫がアメリカに電話を入れ、私も”Happy Birthday!! Good night・・・・・”ほとんど 夢の中でした。
 しばらくこの生活が続きそう。今日は、お休みですが、もしお産があれば病院に行きます。学生の生まれて初めてのお産の介助ですもの、見届けなくちゃ。大変そうに思うかもしれないし 大変ではあるけれど 私には全部大事なことで 楽しいこと ですから どうぞご心配なく です(笑)
[PR]
by akemi-karko | 2009-06-25 08:56 | 花々 | Comments(0)

庭の大きな野ばら

f0036223_782072.jpg


心に留めたい言葉に出会うと 手帳に記す癖がある。
 ”50年生きてしまえり 50年過ぎてしまえり 光年の億万の1の1の1の程の時間”
                                 道浦母都子
 ”魂のふるえて日々の瑞々し 君に逢う日の雨は銀色”  作者不明
2005年の手帳から・・
[PR]
by akemi-karko | 2009-06-22 07:08 | 花々 | Comments(2)

ミントを摘んで・・

f0036223_64315100.jpg

落葉         ポール・ベルレーヌ
   
  秋の日の 
  ギオロンの 
  ため息の 
  身にしみて 
  ひたぶるに 
  うら悲し 
 
  鐘の音に
  胸ふたぎ 
  色かへて 
  涙ぐむ
  過ぎし日の
  おもひでや
 
  げに我は
  うらぶれて 
  ここかしこ
  さだめなく
  とび散らふ
  落葉かな


これも 小田先生のお好きな詩のおひとつ・・
[PR]
by akemi-karko | 2009-06-18 06:43 | Comments(0)

93才元助産婦 坂本美江さん取材

f0036223_2246378.jpg

車が一台やっと通る細い道の桧峠を越え、下った先に8軒の部落がある。そこに住む93才の元助産婦さんに会いに行った。家を尋ね歩き、辿り着いて呼び鈴を鳴らすと 美江さんご本人が出てこられた。大正5年生まれ きりっとした中にも やさしさが滲む品のある顔立ちをされていた。お産介助の話になると まるで介助しているように美江さんの右手が動く。会陰を弛ませるような微妙な動き・・わかる。私も手を合わせる。同業であることのしあわせを お互いに感じた瞬間だった。短い時間でも 話は弾んだ。
「お産は自然なもの。余分な手をださず、監視してるだけでいいの。」今日の美江さんの言葉である。
[PR]
by akemi-karko | 2009-06-14 22:46 | お産のこと | Comments(2)

ゆず

f0036223_954243.jpg

もうすぐ 柴山羊レモンが 種山羊の役割を果たすためにここを離れます。山羊とはとても思えない”ヴァオ~”のレモンの声を聞くたびに 今日は満月だったかなぁ??とふっと考えたりして・・。
大陸的でやさしくて 人懐こい がりがりになってしまったゆずが残ります。いま、どんな気持ちなのだろう・・聞いてみたい日曜日の朝です。
講話は 無事終了しました。学校の養護の先生方 乳児院 特別支援学校 障害者施設でお仕事されているみなさん 公立病院の助産師さん 看護学校の助産師さん 性教育カウンセラーの方等などいらしていました。真剣に「人間と性」について考えられている会で 私もみなさんから多くを学ばせていただきました。感謝です。
 母校同窓が3名 内1名は同じクラスだった同級生でした。29年ぶりです。覚えてる?って聞くと、びっくりして持っていたバックを落としてました。
10年前に私がお産を介助させていただいた方もいらして これにもびっくり!とうれしい!がいっぱいでした。みなさん ありがとうございました!
[PR]
by akemi-karko | 2009-06-14 09:05 | 愉快な仲間たち | Comments(2)

熱海 起雲閣 玉姫サンルーム

f0036223_871672.jpg

昭和7年に建てられた洋館。地震も多い熱海で 崩れることもなく 建ち続けている ・・その建築技術ってすばらしい。温泉で 背中の張りはほぐれたものの全く眠れず 目の前に広がる太平洋の打ち寄せる波の音を聴いて一晩過ごしました。起雲閣内の 元バーを利用した喫茶店でコーヒーを飲んで 体を覚醒させ ぷらりぷらりと熱海の町を母と歩きました。
さて 今日は午後から講話です。小三治のように話せたらいいのになぁ・・といつも思います。頭のなかはまだマッサラ。朝食食べたら 書き初め用半紙に筆ペンで講話内容をまとめるつもり。大体 集中して30分。これがいつもの私のパターンで 服装も古布のエプロンとお決まり。結構 小心な冒険家なので" 流れ "って大事なんです・・(笑)
[PR]
by akemi-karko | 2009-06-13 08:07 | Comments(0)

富士山麓に住む友人からササユリ

f0036223_17494427.jpg


かわいい写真が届きました。夜勤でまたまた2人のお産の介助をして 帰宅後寝て起きたところにこの1枚・・嬉しいです。
先週も色々ありました。艶のある白髪の小田先生の散髪をしたら、調子にのって、危うくスポーツ刈りにしてしまうところでした。浜松に 小三治のドキュメンタリー映画をひとりで観にも行きました。菅先生を小田先生宅にお連れして 3人で語り合った日もあって、このブログをいつもコピーしてくださる方からまた新しいファイルいただいて、その帰りに友人宅に立ち寄り話をしたら、研修病院の総婦長はその友人の義妹だとわかって・・そして満月後の昨夜は お産を介助して・・
いろいろやってるようでも ひとつひとつ全力投球。ひとつづつしかこなせない性格です。明日は、この張っている背中をほぐしに 母と熱海の温泉へ。土曜日は、中、高校で性教育に力を注がれている先生方にお話することになっています。とりあえず、夜勤が終わったので、頭は週末の講話の内容を なんとなく・・頭の中で組み立てることに集中することに・・。やっとこの時間に辿りつけました・・。
[PR]
by akemi-karko | 2009-06-10 17:49 | Comments(0)

過ぎし日々

f0036223_19332340.jpg

すだち旅立ちの朝の写真。二匹とも 胃がからっぽで腹ぺこぺこ状態。このへっこみ見てください。草の中に飛び込んでいった瞬間です。
[PR]
by akemi-karko | 2009-06-07 19:33 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

今日の花

f0036223_20402640.jpg

今日は 看護大生を受け入れてくださる病院を 1日で”把握”してくる日。病院中を駆け巡り、連携やその病院の対応システム、お産の仕方、その後の流れなどなど・・すべて一通り 見てくる日。ポケットサイズの手帳にペン、腕時計にネーム、名刺、とりあえずこれだけあればOK。5時起きで、お弁当も3食作り終え、ブログも更新の余裕の朝。というか、大学から送られてきた 本日の私の研修内容を再チェックしたかったので パソコンを開けなくてはならなかったのです。このドタンバで。
渋滞を避けて早めに家を出たら、7時前に病院に着いてしまいました。避けたんだから これでいいのですが、着いた病院・・まだ真っ暗で 警備員に呼び止められました・・。申し送りまでの1時間、カフェオレ シナモン入りを買って 持参した毎日新聞(朝日から 気分転換にチェンジ。珠には変えないと 偏りそうで)を広げ読むことに。
大病院は、東京以来です。ラッキーなことに、入院もお産もあり、目的は何とな~く達成できたような ないような・・。お産では やはり 知らない内にまるでスタッフのように外回り介助してたのでした。
[PR]
by akemi-karko | 2009-06-04 20:40 | 花々 | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。