ブログトップ

月あかりの産屋

<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

朝陽を浴びる白菜たち

f0036223_11251342.jpg


ご近所の80歳を超えられたおばあちゃんが
「あんた 白菜は食べるかね?畑においでぇ」
丁寧に 葉が広がらないよう
藁でひとつひとつ包んでありました

大晦日・・ここにきて体調を崩してしまいました
声が出ません・・肩のコリもマックスです・・
1年の疲れが一気に来たようです
でも 明日、元旦は朝から仕事。
今日は のんびりいたします(^-^)

今日は寒いですね
ご自愛くださいませ☆
[PR]
by akemi-karko | 2010-12-28 11:25 | Comments(2)

熱海から太平洋を望む

f0036223_19285878.jpg


3日間 この景色をホテルのベランダから眺めていました
何を考えるわけでもなく
クリスマスイブも クリスマスも・・
海に空 風 そして太陽。
[PR]
by akemi-karko | 2010-12-26 19:28 | Comments(4)

早朝の北

f0036223_1001938.jpg

「弱いひとほど 準備万端」
なんてこと
確か編集長は言ってたなぁ
私は 違うなぁ〜
準備してるんだけど 万端にはなかなかできないもんなぁ
・・ってそれはまた別か(笑)
[PR]
by akemi-karko | 2010-12-23 10:00 | Comments(2)

清加和ふたたび

f0036223_1851507.jpg

21日午前2時 時間が合えば手伝ってほしいと言われていた助産院でのお産が始まった
その午前2時に,
とりあえずはまず夫のお弁当をと チキンを焼いた
午前2時である・・
こんな時間に料理するのは生まれて初めてだ
1・5 食分のお弁当を用意し 雨の中 助産院へ
その日は夜勤だったので出勤ぎりぎりまで付き添った・・が生まれず
結果的には真夜中にご安産された
夜勤帰宅後 爆睡。
そして夫と清加和へ
チーズフォンデュ オニオングラタンスープにマカロニグラタン 野菜サラダをオーダー
ちょっとチーズを食べすぎた
どれも裏切らないメニューだった
シェフがこのブログを見てくださっていた

満腹の私たちに 満月が微笑んでいた


清加和:藤枝市藤枝4-8-3 ☎054-641-0124 
    日曜休み 営業は17時~
[PR]
by akemi-karko | 2010-12-22 18:51 | Comments(2)

時々原稿・・ときどきゴロン

f0036223_934281.jpg

三月にリサーチ目的で訪れたカナダのまとめに入った
なんか 共同研究者ってことなのかな・・??よくわからないまま
時差ぼけでリサーチどころでなかったカナダを・・記憶も曖昧なカナダを・・
15枚程度にまとめることになった 私が!!
そうだよなぁ・・タダってわけにはやっぱいかないよなぁ・・
まあ こうなったらやるしかない!
当時のメモと資料を並べやりはじめた
連日の忘年会疲れで
ときどきゴロンと床に寝転がり 天井を眺める
ファンの下で 魔女のキキがニコッ・・
[PR]
by akemi-karko | 2010-12-20 09:34 | Comments(2)

咲いては こぼれ・・

f0036223_1459098.jpg

[PR]
by akemi-karko | 2010-12-19 14:59 | 花々 | Comments(2)

もうすぐクリスマス♬

f0036223_209535.jpg

恒例 生徒たちへのプレゼントをなんとかふたりで包み終え
今週から配り始めてます、夫は。
サンタになって幼稚園訪問
・・も今年は三ヶ所から依頼がありました。
24日サンタが終わったら 「温泉♪」に直行です!
[PR]
by akemi-karko | 2010-12-18 20:09 | Comments(4)

生まれて8日目のあんよ

f0036223_19201177.jpg

沐浴してきた友人の赤ちゃん
そのかわいいあんよ♪
[PR]
by akemi-karko | 2010-12-18 19:20 | Comments(0)

映画「玄牝」を観る

f0036223_18383181.jpg

今日は 友人の命日。
「玄牝」を観るのにこれ以上ふさわしい日はない
以前、何度も通った「吉村医院」の一年を追った映画である
45席しかない小さな映画館の 一番後ろ奥から3番目に席をとる

切なかった・・
何度も涙が溢れてきた

あれほど 厳しい先生はいない
しかし あれほど 優しい先生もいない

先生から一度お電話をいただいたことがある
「あんたは 最初から感じられるひとだと思いましたよ」
いまもあの時の先生の声を覚えている
私の 「支え」 。

写真は 今日南半球から届いたクリスマスカード
[PR]
by akemi-karko | 2010-12-13 18:38 | Comments(4)

山茶花の絨毯 in my garden

f0036223_162529100.jpg

お茶飲みながら
エッセイ書いて
短歌を作って
時々 お産を手伝って・・
自然に囲まれてるからこそ私はできる
コンクリートジャングルにいたら きっと無理
「環境」って 思ってる以上にものすごく大切・・

あとひとつ
いまの私が大切にしていることは
自分を安定した状態に置かないこと
・・だから私の周り みんなそんなひとばかり
保障を求めないひとばかり
みんな生きるために必死
でもきらきら 
だからきらきら
生きているって感じで 生きている
[PR]
by akemi-karko | 2010-12-12 16:25 | 花々 | Comments(4)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。