ブログトップ

月あかりの産屋

<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

かろうじて3ショット

f0036223_9352484.jpg

気の抜けない16時間夜勤を終え
帰宅後 3時間仮眠して
入院中の大好きな叔父を見舞い
パソコンショップでUBSメモリーを初めて購入
そのまま親友リツコさんちでズボンの裾上げをパッパッとしてもらい
ついでに夕食(お嫁さん手作りの美味しいコロッケ)をご馳走になりました
カロウ(過労)スキー朱美になってますが 更に動きます
「無理」が趣味の域です(^-^)
心配してくださるみなさん ごめんなさい(m(__)m)
今日は,
午後から知り合いのスイス帰りバイオリニスト河本典子さんのバッハコンサートが
勝美木工破流知庵であり 手伝いに行きます
のらくろ倶楽部の面々が久しぶりに集います
フライトは明日午後イチ。
セントレアからアメリカに向かいます

SEE YOU MIDDLE OF JULY! (^-^)
[PR]
by akemi-karko | 2011-06-12 09:35 | 愉快な仲間たち | Comments(6)

メロンよ しばしの別れ

f0036223_9494030.jpg

ひとり闘病中のアメリカの父が待っています
急変あればすぐに渡米と決めてこの一年過ごしてきました
会いに行ってきます
[PR]
by akemi-karko | 2011-06-10 09:49 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

麻の葉柄のマイメガネケース

f0036223_2113397.jpg

昔は麻のように丈夫で逞しく育ってほしいと
赤ちゃんの産着には よくこの柄が使われたそうです
麻の葉模様は、願いを込めた特別な柄なのです
[PR]
by akemi-karko | 2011-06-08 21:13 | Comments(0)

クィーンオブローズ咲く

f0036223_74258.jpg

忘れていません みなさんのこと。
[PR]
by akemi-karko | 2011-06-07 07:04 | 花々 | Comments(2)

何気ない日常のしあわせ

f0036223_73453.jpg

[PR]
by akemi-karko | 2011-06-07 07:03 | Comments(0)

大切なのは・・

f0036223_8585555.jpg

関心を持ち続けること。

それぞれひとりひとりに
タイムリーに
それぞれの力を求められるときがくるはずだから
その時をキャッチできるように
感覚を高めておこう
エネルギーを蓄えておこう
危機はまだまだ
現在進行形・・

写真は 自宅前
小川の石垣に咲く花たち
[PR]
by akemi-karko | 2011-06-04 08:58 | 花々 | Comments(4)

角なしメロン

f0036223_940937.jpg

メロンの祖父も角なしだったそうです
それにしても このなだらかなライン・・うっとりです(^-^)
耳は翼のようだし 首は長いし・・

最近 「つながる」ことが溢れています
笑顔 キーブしてようと思います

来週からは大学実習がまた始まります
が、途中からは渡米。
今日は渡米前最後の休日です
左手リンパ浮腫は変わらずで 昨日は医学書院出版の専門書を買ってきました
さてと ひとに頼らず解決策を探りましょう
私は看護師でした 忘れてました(^^ゞ
[PR]
by akemi-karko | 2011-06-03 09:40 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

父レモンの小屋でくつろぐメロン

f0036223_224745.jpg

母ゆずよりも この頃は父レモンの近くにいることが多くなったメロン。
ウルトラの父のようなレモンは 角でつついたり 踏んずけたり なかなか厳しいのですが あれはいじめなのか? 教育なのか?
メロン、今度は右後ろ足を引きずってます
あら〜 対角線でまさか骨折?歩けるの?
レモンが乗ったからなんじゃないのかなとふと心配になりました
しかし そうされてもレモンの小屋に自ら入っていく
両親との別れが 近ずいていること 察しているのかもしれません
[PR]
by akemi-karko | 2011-06-02 22:04 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

百合をむしゃむしゃメロン

f0036223_10172395.jpg

なんて美しいラインなんだろぅ・・
こんなラインの美人の友人がいて
「ヤギに似てますね」と言ったら
「八木ですけどヤギに似てると言われても・・・汗」 でした
[PR]
by akemi-karko | 2011-06-01 10:17 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30