ブログトップ

月あかりの産屋

<   2011年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

みやま農園のぶどう狩り

f0036223_12293716.jpg

案内状をいただき 行きたいと思ってました
朝から母を誘って大久保まで。
皮ごと食べれるシャインマスカットとブラックビートをハサミでチョキチョキ。
おいしい!
帰りは大久保のおばあちゃんたちが旬の料理を出してくれる「たかねの里」へ。
食べきれないそば定食(そば、野菜料理、漬物、天ぷら)800円。
日曜日のみ営業だそうです
こちらも素朴で 野菜の旨さがでていて美味しかったです !
こんな日曜日の朝・・んんん 久しぶり♪

みやま農園 杉本浩史
問い合わせ 090 9926 2458
[PR]
by akemi-karko | 2011-08-28 12:29 | 愉快な仲間たち | Comments(6)

水車村30年の集い

f0036223_7235188.jpg

毎度の事ながら仮眠すらできない16時間夜勤を終え
シャワーを浴びて爆睡。
起きたのが午後2時半。
水車むら30年の集いが始まっていた
明治大学の寺田良一氏の講演を聴いた
放射能 原発 自然エネルギーについて45分。
福島第一原発 水素爆発の影響は 5〜10年後 出てくるのは確実。
覚悟しなくてはならないと。
20ミリシーベルトでOKという基準はひどい とも。
伺ったお話を少しずつシンプルに書いていけたらと思う
[PR]
by akemi-karko | 2011-08-28 07:23 | 花々 | Comments(0)

ひまわり2011

f0036223_19304513.jpg

みんな こっちをむいている(^-^)
[PR]
by akemi-karko | 2011-08-23 19:30 | 花々 | Comments(2)

ベランダから花

f0036223_7381055.jpg

昨日はなかった
一気に・・ きたね(^^)
こんな勢い 時には必要
やるときはやる。
[PR]
by akemi-karko | 2011-08-23 07:38 | Comments(2)

速達便で「ココペリ」届く

f0036223_11184026.jpg

ネイティブインディアンの精霊のひとりであるココペリ♪
ホピ族やズニ族の言葉では「神」をあらわす「ココ」が語源といわれているそうです
「ココペリが笛を吹くと 地面から緑が吹き出し 花が咲き乱れ 木々は生い茂り 動物たちは次々と子供を産み落とす」と解説文。
やみぃさん ありがとう♥
[PR]
by akemi-karko | 2011-08-21 11:18 | 愉快な仲間たち | Comments(2)

36年前の「1の5」恩師訪問

f0036223_9432329.jpg

「1の5」・・13才の時のクラス仲間で 当時の担任 富田昭宏先生を訪ねました
たった1年の繋がりではありますが 学生時代で最も印象に残っているクラスです
入学まもなく弟の四十九日法要があり 先生に声をかけてもらったときのこと、覚えています
昨日知りましたが その年に先生は初めてのお子さんが生まれてました
エネルギーに満ち溢れていた先生 厳しいけど優しかった先生。 付いていって間違いはないと思わせてくれた先生。
先生は72才になられましたが おんなじでした(^ー^)
[PR]
by akemi-karko | 2011-08-19 09:43 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

ファンの下 涼しそうなキキ

f0036223_9471838.jpg

大荒れ勤務の連続に 心身共に疲れてしまった
シャンプー剤で洗顔したのに気付かないほどだ
洗っても洗っても泡が消えず ハッとした
お弁当を作り終え ソファーにゴロンと横になれば
そこにはキキが
もうすぐ大学助産の第2期実習がまた始まる
今回は ほぼひとりで3人をみなくてはならない
さて体力がもつかどうか・・

しかし
先ほど真冬のニュージーランドから友人が無事に帰国
イギリスの友人も大丈夫
等など・・色々情報があちこちから入り
元気回復(^-^)
心配なし!
[PR]
by akemi-karko | 2011-08-18 09:47 | Comments(0)

福島二本松と繋がる

f0036223_1313156.jpg

20代後半 私は東京に住んでいた
中間管理職コースで神奈川県立看護教育大学校に通い
その時知り合った方のご住所が実家で見つかり 電話を入れた
住所は変わっていたが、電話番号は同じだった
落ち着いた静かな声は一緒。
この20年の間に、彼女も私を探しに上京してくださったこともあったとおっしゃった
20年ぶりに繋がった
浪江町の皆さんが避難されてきているそうだ
移転したくても経済的に叶わぬ人々も多いという
必要なものは手配しますと伝えた
「まだまだ大変です・・」
震災から5ケ月経った8月11日のTさんの言葉だ
[PR]
by akemi-karko | 2011-08-14 13:13 | Comments(0)

野菜が当選!

f0036223_1753351.jpg

JA静岡市じまん市さんから こんなに届きました!
無農薬 減農薬の13種に及ぶ野菜に果物・・お名前入りです
ありがとうございますm(__)m

今日は 清水銀座ふたたび。
103歳の清(せい)もり子さんを取材させていただきました
昔は、「私の産婆さんはこのひと」と決まっていて 繋がりは強かったそうです
確か 成長を祝う節々の行事には 産婆さんも立ち会ったと
読んだことがあります
自宅でお産をしていた時代の話です
今とは違いますが
自転車でお産の7つ道具を携え あちこち夜昼なく飛びまわっていた当時の産婆さんに私は憧れます
[PR]
by akemi-karko | 2011-08-11 17:53 | Comments(4)

大正時代の着物と帯

f0036223_7543311.jpg

お父様は 御前崎村長さんだったそうだ
4人兄弟の唯一の女の子であった英さん
娘時代の着物が 実家の倉に残されていた
嫁ぎ先の静岡に持参していたら空襲で焼けてしまっただろう着物と帯。
単の夏の着物・・涼しくなったら着て会いに行こう
英さんを驚かせよう(^^)

前回サライを15冊程届けるとあっという間に読んでしまわれた
「泉鏡花先生のお顔を初めて拝見いたしました」とハガキが届いた
次の15冊をまた届けた
「話は変わるけど」英さんは話題を次々と変えていかれる
戦争、震災 イギリスの暴動 ソマリアの飢餓 アメリカの株価暴落・・会話はエンドレス。
ここに菅先生も参入したら きっとオールナイト・・ってことないか
9時には寝られるそうです(^-^)
[PR]
by akemi-karko | 2011-08-11 07:54 | 愉快な仲間たち | Comments(2)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。