ブログトップ

月あかりの産屋

<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

鴬鳴く朝

f0036223_10144319.jpg

[PR]
by akemi-karko | 2012-02-28 10:14 | Comments(0)

37回目の弟の命日

f0036223_19325169.jpg

今朝 出勤前に畑の梅を撮りました

愛するひとのいのちが消えてしまった日
何度巡ってこようと
その日は その人のことを思い出して過ごす
もうすぐ3月11日・・
今なお仮設住宅で寒さに震えながら
過ごされている人々・・
福島の人々・・
家族離散を余儀なくされている人々・・
両親を亡くしてもがんばっている子供たち・・
たくさんの人々への想いも重なる今年の命日でした
[PR]
by akemi-karko | 2012-02-26 19:32 | Comments(0)

ひとりで大丈夫っていうひとはいない

f0036223_13113713.jpg

「アイム オッケー」
「へへへ元気元気」
「尋常ではないと思いますが大丈夫です」

みんな言ったし 言う

でも大丈夫じゃないのを知っている

ひとりで大丈夫なひとなどいない
 

不安や寂しさや心細さ・・あるのに そう言う

ひとは悲しいいきもの

いずれ死んでいくのがわかって生きているいきもの

だからこそ

あなたの手を離さない

私は離さない
[PR]
by akemi-karko | 2012-02-23 13:11 | Comments(0)

ほつほつと..梅

f0036223_1654487.jpg

「病気は回復過程である」
ナイチンゲール

みんな元気になあれ
[PR]
by akemi-karko | 2012-02-21 16:54 | 花々 | Comments(0)

しずおかの文化新書 7 まもなく発売!

f0036223_19283137.jpg

2・23富士山の日に発売されます (^^)
連載月と産声は「英さん3」です
今回は長くなってしまい ペナルティF9AB.gif

しずおかの文化新書は、毎回テーマを決め 徹底的に追及していく本です
今回は 富士山シリーズ第2弾・・「湧水」です
この表紙の エメラルドグリーン・・私の一番好きな色です
[PR]
by akemi-karko | 2012-02-17 19:28 | 連載 月と産声 | Comments(3)

バレンタインデー

f0036223_20201812.jpg

ではあるが・・なんら変わらず
夜勤明けで眠らずに エッセイをふたつ同時進行で書いた。
蔵田と田遊びに絞って取材。
一昨日行った蔵田では
「また産婆さんが来たよ(^^)」
と,80になるおばあちゃんたちが お汁粉を振る舞ってくださった
相変わらず夢中になると寝食を忘れ・・。

夕方は入院している叔父を見舞ってきた

体調を崩している大切なひとたちが三人ほど私の回りにはいる

いつもみんなの回復を祈って祈って祈って祈って・・います
[PR]
by akemi-karko | 2012-02-14 20:20 | 連載 月と産声 | Comments(0)

2012年の2月12日朝

f0036223_10332959.jpg


この日は 色々・・
午前中に昨日の田遊びについて取材
昼に 蔵田でおでんとお汁粉いただきながら取材
夕方は 夫とジハントルコレストランでトルコ料理とフィリピン料理(??)
なぜか タガログ語のカラオケが始まった
浜松から来たインドネシア人の友人夫妻と久しぶりの再会
4人でカフェでおしゃべり。
帰宅後はエッセイの執筆
・・とこんな具合でいつも
動き過ぎか 倒れてるかのどちらか。
[PR]
by akemi-karko | 2012-02-12 10:33 | 花々 | Comments(0)

滝沢の田遊び 2012

f0036223_108376.jpg

お産をする演目のある田遊びは 日本にここだけ。
なかなかいい写真が撮れない・・また来年がんばろうF9AB.gif
[PR]
by akemi-karko | 2012-02-12 10:08 | お産のこと | Comments(0)

ふきのとう見っけ

f0036223_22301361.jpg

ちゃんちゃんこ羽織って 庭のフキ群生地へ
落ちてる木の枝でかき分ければ・・ありましたありました
あっちにもこっちにも(^^)
[PR]
by akemi-karko | 2012-02-11 22:30 | Comments(0)

お気に入りの一枚

f0036223_9341948.jpg

愛する叔父たち叔母たちの50年前の写真
中央でえっへんポーズしてるのが
仲良しの涙もろくて寂しがり屋で実にファニーのアンクルダニー(^^)
半分は天国からではありますが
いつでも
どこにいても
どんな時でも
私たちを守っていてくれるのがわかります
いつもの優しいスマイルのまんまで・・
[PR]
by akemi-karko | 2012-02-11 09:34 | アメリカの日々 | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。