いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34
あれれ… 既婚者だったっ..
by akari at 19:30
鍵さん どうだったかなぁ..
by akemi-karko at 10:26
浦さん コメントありがと..
by akemi-karko at 07:10
今日は。 「しずおかの..
by 望月(浦田)敏弘 at 19:13

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

<   2012年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

しずおかの文化新書 次号31日発売!

f0036223_21411792.jpg

連載「月と産声」は 一年書き続けてきた102才の産婆 新庄英さんファイナルです
土壇場で 書き直しとさらにそれを半分に削ったファイナル。

自信はありませんが、よろしかったら読んでください。
いま伝えておきたいことを 私なりの書き方で書いてみました。
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-29 21:41 | 連載 月と産声 | Comments(2)

母ROSEへ

f0036223_651895.jpg

GET WELL SOON!

写真は 熱海 起雲閣(kiunkaku in Atami Shizuoka)

母入院の報が入ったのは1週間前。
 
 祈りの日々・・
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-29 06:51 | Comments(2)

貝母(ばいも)ゆりをKさんへ

f0036223_14405137.jpg

奇跡がおこりますように・・

31日 kさん 逝かれました
黙して 常に動いてらした大先輩の助産師さんでした
人のことを悪く言うこともなく
見ざる言わざる聞かざるをまさに実践されていたkさんから
学ぶこと多く・・
「大病院の産科婦長時代は 管理職となってお産から離れ
さびしかったと思う」 当時の部下であった助産師が言っていました
あの笑顔にもう会えない
まだ信じられないでいます・・
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-27 14:40 | 花々 | Comments(0)

明日は帯津病院受診

f0036223_18485296.jpg

道中ちょっと読める本を探しにブックオフへ
なのに こんな大きな1983年発行の写真集を買ってしまった
持ち運ぶにはちょっと重い
しかし 1分で購入を決めた「日本の石仏」2000円。

p96修那羅峠に「産婆の神」あり。
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-25 18:48 | がんのこと | Comments(0)

ブータンという国

f0036223_192852.jpg

旅好きの父に「行ってくるといいよ」と勧め 父がブータンを訪れたのは 15年ほど前のこと。
いまテレビを観ていたら 偶然ブータンの紹介をしていた。
国民総生産よりも国民総幸福を目指す国。
飼っている牛のために朝から餌を鍋で温める人々
ツルのために 電線を張るよりも ランタンの火で暮らすことを選んだ人々
ストレスという言葉自体が存在しない国
んん・・どれもすっと入ってくる考え方をする人々

国王夫妻が来日された時はアメリカにいた
いつの日か私もおとずれることができるだろうか
また肺水腫を起こすかなぁ
「カッパドキアにアンコールワット・・朱美が勧める場所はどこも大変なとこばかりだった」
「一番大変な場所がブータンだったなぁ」父が言っていた。
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-23 19:02 | Comments(0)

「たとへば君」を読む

f0036223_18365146.jpg

帰りに書屋で買った本。
「おんな」といえば
歌人の河野裕子さんが まず思い浮かびます
書店の駐車場で 水筒のアールグレイを飲みながらしぱらく読書。

たとへば君
ガサッと落葉
すくふやうに
私をさらって行ってはくれぬか
河野裕子
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-21 18:36 | Comments(0)

余韻に浸りながら・・

f0036223_18311863.jpg

グランシッブで遅めのランチ。
地場産の野菜のサンドイッチ。
一口大で美味しゅうございました
こんなひとり時間がなんともしあわせ
感謝です
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-21 18:31 | Comments(0)

次は国1突っ切り写真展「おんな」へ

f0036223_18281165.jpg

鼻がツンとして思わず涙の込み上げてくる写真からスタートでした
一枚一枚 解説を読んではゆっくりと大切に写真を見ました
授乳する母の写真が何枚もありました
嫁ぎ先の桑畑を素手で掻き まるで 老婆の手と化した21才のおんなの手
・・その前でしばらく佇みました
産婆さんがタライで赤ちゃんを沐浴する写真も1枚 ありました 

わたしはどんな「おんな」を生きてきたのだろうか

おんなを生きていこう

おんなでありたいと思った写真展でした
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-21 18:28 | Comments(0)

くさの助産院にて

f0036223_18164473.jpg

こんなスタイを妊娠中に手作りしたらどうでしょうか?
そんな時間もちゃんと用意されてるくさの助産院です
今日はまず 風邪をひいてしまったくさのさんのお見舞いから・・
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-21 18:16 | 伝えたいこと | Comments(0)

私の腕の中、だらんだらん

f0036223_9123934.jpg

友達の孫 生後16日目 名を美桜と申します
[PR]
by akemi-karko | 2012-03-21 09:12 | Comments(0)