いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。


by akemi-karko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
はじめまして
お産のこと
伝えたいこと
月のこと
水のこと
食のこと
愉快な仲間たち
日記風即興短歌
がんのこと
たとえば 今日・・
野菜で書
連載 月と産声
地球あちこち
花々
アメリカの日々
気ままに絵画
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログパーツ

最新のコメント

鍵さん 連絡先を非公開で..
by akemi-karko at 18:50
知らなかった そうか・・..
by akemi-karko at 06:43
コメントありがとうござい..
by akemi-karko at 22:40
こんにちは・ ブログを..
by desire_san at 21:25
でしょ そう思うくらい自..
by akemi-karko at 10:34

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


マザー・テレサ―あふれる愛


明るいチベット医学―病気をだまして生きていく

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

まとめブログ

画像一覧

<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

台風の夜 寿司ナイト

f0036223_20562035.jpg

叔父の49日法要と納骨を無事に済ませ 叔父や叔母にも会えて 嬉しい1日でもありました

台風を気にしつつ 連載の内容について編集長ご夫妻と打ち合わせ

熱があって食欲なかったはずなのに お寿司が目の前に来たら パクパクでした

危機迫ると 食料蓄える習性が 熱に勝ったようです
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-30 20:56 | Comments(0)

メロンの微笑み届く

f0036223_20253473.jpg


ゆずの写真がいまひとつだったので メロンを。
大事にされてます
メロンも サムも あんずも み~んな(^^)
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-29 20:25 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

帯津良一先生の診察室

f0036223_1522085.jpg

力強い「祈」。

毎回、朝5時に家を出て 9時半の検査。
12時に終わって いつも近くの中野ラーメン「青葉」で特製ラーメンをいただき
動きます
今回はまっすぐ日本橋三越の「日本伝統工芸展」を目指しました
それもブログ友達の三崎哲郎氏の御友人である室伏英治さんの作品(NHK会長賞受賞}をどうしても観たくてです
日曜美術館でも紹介されていた室伏さんの作品の前は 何回観に行っても 人だかりができていました
人が引けた瞬間を待って 10センチの近さで観ました
やさしさと柔らかさ あたたかさと繊細さが共存しているような・・すばらしい白 でした。
よかった・・
ほかにもいっぱい素晴らしい作品が並んでいました
日本人の工芸技術のふかさに嬉しくなった1日でした!
若者よ 伝承してくれ!です

日本橋なのになぜか・・銀座に行ってしまい 結構歩いた1日でした(-_-;)
途中から 体調が崩れ 熱海泊。
ベットでゴロゴロ。一緒に行った母はいつものように元気いっぱいでした。
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-24 15:22 | がんのこと | Comments(0)

平原綾香コンサート行ってきました!

f0036223_2075684.jpg

途中から何故かわたしの左足がこむら返り・・F9C8.gif
ジュビターとノクターンとおひさま はわかりました
タッブあり アカペラあり 声を自由自在に操り・・声域の広さには驚きました
コンサートなんて どれくらいぶりだろう
よかったです(^^)
コンサート前には 清水駅近くのホテルで女子会。
20歳の時 一緒にカオイダン難民キャンブ慰問やバングラデシュ孤児院を訪問した仲間です
30年ぶりの再会でした!
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-23 20:07 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

小櫃美智子さまと菅晴子先生の再会

f0036223_11201642.jpg

昨日 菅先生宅経由で帰宅した
椅子の上には見慣れない女性週刊誌が置いてあった
「美智子妃殿下を支えたもうひとりのみちこさん」と紹介された記事が載っているのだとおっしゃる
長年 美智子妃殿下の相談役としてお仕えされていた小櫃美智子さまがこの六月に退任されたという記事だ 83歳の小櫃さまは、菅先生の恩師でいらっしゃる
この写真は昨年東大を訪れたとき ご一緒し撮らせていただいた再会の瞬間だ
おふたりは 吸い寄せられるように
「あぁ・・」とおっしゃりながら手を重ねられた・・
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-23 11:20 | Comments(0)

朝からチーズチキンを作る

f0036223_9372265.jpg

先日 「奥さんの料理で何が一番おいしい?」と友人に聞かれ
夫がしばらく考えたあと・・F9C8.gif「チーズチキン!」と答えてました
10年以上作ってないメニュー・・悪かったなぁと思いつつ それからレシピ探し。
作るときは集中して毎日のように作るけど 飽きると 作り方なんて忘れちゃいます
というわけで 昨日からチーズチキンモードに切り替え 一気に早朝から料理に取りかかりました
早く出来上がりすぎて ランチには冷めてしまう
あ〜ぁ 料理上手な奥さんでなくてごめんなさいm(__)m
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-19 09:37 | 愉快な仲間たち | Comments(2)

13日ぶりのお休み

f0036223_9152636.jpg

浜辺晋一郎ブロデュースの日本のメロディ&コンサート式オペラ 高野聖 を友人と観に行きました
清水でのランチは 駅前銀座にある本格的台湾料理。
おしゃれで個室で そして何よりも美味しかった!
昔懐かしいレトロな120円のソフトも食べ
輸入リサイクル専門店により 駆け込みで会場入り。
パンフを開けば 友人のパンフに「当選!」の文字。
年末の第九コンサートが当たったのでした!
オペラを途中退場し 予定変更。
瀬名のくさの助産院へ タクシーで向かい
10分の滞在。
そして・・結局友人もくさのさんも
夕方6時からの「ジムギターナイト 」イン幸之松に ♪
アイドル並み分刻みに動いた、しかし笑ってばかりの休日でした
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-17 09:15 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

いただいてきたちょっとはげてるちひろの絵

f0036223_21324819.jpg

勤務する医院 新築移転に伴い 陣痛室に飾られていた絵を廃棄するというのでいただいた
引越し準備で休日返上12日連続出勤。
やっと明日お休みだ
小田先生のお母様は いわさきちひろに書道を教えていたそうだ
安曇野のちひろ美術館には
お母様の書が飾られていると話してくださったことがあった
先生は酉年生まれ
なんか繋がる絵が
最後のお別れをしてきた10日にわたしの元へ
リビングに置き 眺めている
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-15 21:32 | Comments(0)

地上の星 宇宙(そら)へ・・

f0036223_7394042.jpg


小田幸雄先生が 亡くなられました・・
英文学者であった先生には 素晴らしい英詩の数々を教えていただきました
なかでも クリスティーナ ・ロセッティの「song」は忘れられません
先生の翻訳は 表現がとにかくやさしかった
先生の訳に いつもうっとりでした

連載「月と産声」の校正をしてくださったのも先生です
しずおかの文化雑誌時代のものはすべて まず先生に読んでいただいてました
八木洋行編集長には 「一流の方に校正おねがいしてるんだね 朱美ちゃんは」といつも羨ましがられました
素人で ひどい私の文章を 真剣に立て直してくださいました
シェイクスピアについては 夫と随分お互い譲らず討論したときもありました
すべてが 楽しいかけがえのない思い出として 私たちの胸のなかにおさまっています

訃報を受け やはりよくご一緒した菅晴子先生(焼津第一助産院元院長)と先生に会いに行きました
パッと目を開け 「やぁ これはお珍しい」と笑顔でおっしゃられそうな・・いつものお顔でした
「先生っ!」と私は普通に声をかけてました
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-11 07:39 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

玄関先に ちいさな花

f0036223_703055.jpg

昨日は 「家にずっといて休もう」と思ってましたが
夕方 ナース友達と 在宅ケア(ホスピス)専門のつばくろ在宅ケアクリニックを訪問。
先生と奥さまにお話を伺いました
以前テレビで放送されて[覚えておこう!]とずっと頭にあったクリニックです
家で最期を迎える その手助けに情熱を傾けて 10年だそうです
家で最期は・・は 私の最初からの希望
いつもの景色を見ながら 愛するひとに囲まれて
自分の建てた地球上の家のリビングで・・これって私が望んでいたお産のシチュエーションと同じだ 。
このブログもそこから始まりました
[PR]
by akemi-karko | 2012-09-04 07:00 | 伝えたいこと | Comments(0)