ブログトップ

月あかりの産屋

友人宅より眺めるMT.FUJI

f0036223_16454942.jpg

今日は、年一度の総検査日。出ない血管から出にくい血液を採る。いつも右手背から。やっと食事ができる。午後二時半、作ってきた五穀弁当でお腹を満たしてから 次はエコーにレントゲン。そしてマンモグラフィー。痛くて息を止めてくださいの言葉に 痛くてもう止まってます・・っていう声もでない。今回は太ったせいか一段とつらい。
 いつ死んでもいいと思って生きてはいるが だからといって何もしないでいるのとは違う。ベストは尽くす・・これは父の教え。
 結果、再発転移なし。と同時に、夫から電話が入った。退院した日から彼は病院に近づかない。遠くからいつも怖々見守る。
 30日は帯津病院だ。2人の医師が違う視点から 違う方法で私を診察してくださる。その日の恒例お楽しみは、蜷川幸雄氏のシェークスピア”冬物語”の観劇だ。小田先生訳では、”冬の夜話”である。
[PR]
Commented by kamadatetsuya1017 at 2009-01-26 23:38
ご主人の気持ち・・痛いほど分るような・・
でも・・厳しく生きる人生だからこそ
命の凄さも・・愛しさも・・有難さも
みんなひとより・・よく見えるんだろうな
あれを読んでいて・・いつも思うことです

無事が・・
無事だっていうだけで・・どんなに名馬か
あなたが一杯証明してくださいね
何もできないままに・・応援団のひとりとして・・
Commented by akemi-karko at 2009-01-28 14:16
kamadaさん・・あれにつきましては、いつもいつも応援してくださり ありがとうございました。完了しましたが、感じていること 感動をノートに書き残していこうと思います。また読んでくださいね。
ご心配してくださり 感謝です。kamadaさんの”養生してくださいよ”は、父に言われるより効きました(笑)
Commented by eri at 2009-01-29 10:37 x
再発転移なし。ほんとに良かった!いい響きです。
Commented by akemi-karko at 2009-01-29 18:53
eriさん・・ありがとう!明日 帯津先生にまたお会いしてきますね。
Commented by annebm at 2009-01-30 05:02 x
akemiさん、検査結果おききしてほっとしました。よかった。
何年経っても、きっと変わらずに、感じることがたくさんおありだろうな..と思います。本当によかった。
素晴らしい富士山ですね。自然の力、人間の本来の力、同じですね。
下の赤ちゃんのあんよ、かわいらしい。アンの時は2歳までおっぱいをあげていたけど、ぴんと張っているのはわからなかったかも..次の子の楽しみにしますね^^

来月2週間だけ里帰りです。母の1周忌でもあります。
Commented by akemi-karko at 2009-01-30 06:33
annebmさん・・ありがとう。マネして、ピンと張ってみると いかに赤ちゃんが腹筋を使い、顎にエネルギーを集中させておっぱいを飲んでいるのかがわかります。生きるためにそれは必死よね。
そうですか・・もう1年ですね。長旅となりますから くれぐれもお気をつけて。きっとお母様とおじい様が守り 導いてくださるでしょうけれど。
Commented by akari at 2009-01-30 17:27 x
本当によかった。心から安心しました・・・。
akemiさんにはまだまだたくさんのやるべき使命があるのですよ、きっと。その生命の輝きに、ジンとします。ありがとう。
Commented by akemi-karko at 2009-02-05 19:59
akariさん・・もうすぐ家族集合ですね・・北に向かって手を合わせています。私こそ akariさんとの出会いにthanks!
by akemi-karko | 2009-01-26 16:45 | がんのこと | Comments(8)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28