ブログトップ

月あかりの産屋

新 帯津三敬病院

f0036223_1038974.jpg

4ケ月ぶりの診察は、移転した新築の病院。南古谷から徒歩15分、ちょっと駅から遠くなり 末期がんの方ではつらいんじゃないかなぁ・・と思いました。四時半起床で 帯津着は九時過ぎ。中庭を眺めながら ただ今検査待ちです。
エコーを診てくださる方に 「胃はどうかわかりませんよね?」と聞けば「んん・・わかるとしたら 相当進んでるものよ」「それでもいいんですけど、わかるんであれば」胃カメラまだやってなくて とりあえず聞いてみたのでした。念のため 血液検査。これが・・ほらっやっぱり採れない。やっとやっと13CCを、凝血を気にしながら二人がかりで採血。結果は1週間後です。
帯津先生は、来週静岡に来られるとのこと。お元気そうでほっとしました。
(この写真、心霊写真じゃなくて ガラスに写った私のシルエット)
[PR]
Commented by 山口佳子 at 2009-05-19 22:29 x
ペコちゃん、ごぶさたしてます!きれいな写真がいっぱいのブログですね。星野でお世話になったヨシコです。実は来月13日に沖縄からさとちゃんが上京することになり、それに会わせて私、柿ねえ、シェフ、少年があつまることになりました。もしかするとみっちゃんと姉ちゃんもくるかもしれません。ので、  ペコちゃんにももしよかったら!会えたらみんな喜ぶと思います。また連絡します〜。いきなりの書き込みでごめんね。よしこ
Commented by akemi-karko at 2009-05-20 05:51
よっくん・・ひさしぶり!びっくり!来月13日・・すごくみんなに会いたいのだけれど 中学高校の性教育に関わっている先生方にお話をすることになってる大事な日、これは外せないの。・・あぁ 残念。みんなによろしくね!
Commented by 胃カメラにまつわる小噺を一席 at 2009-05-26 01:17 x
会社の健康診断で”胃潰瘍”のウ・タ・ガ・イとの宣告。気の小さい私はその文字を目にしたとたんにシック・シックと傷みが・・・。カメラにはチョットしたトラウマが。
胃炎の疑いi医院に。「食事した?」「いえ」「じゃ、カメラ飲んじゃおーか」「え~!!」で、いきなり横になると年配の看護婦(師)さんが二人スタンバイ。一人が背中に手を、一人が足元に。
先生が合図を送ったのか私のの身体は二人のおばちゃんにしっかりロックされ、「痛くないからね~(がリフレイン)」。痛いし、涙は止まらないし。二度とやるもんかと誓ったのでありました。
「この◆▲ぁ、騙したなオェ~ッ」でも今回は細いカメラだとかで、看護士さんも一人だったし。実は私の従姉妹が子宮ガンで長泉での療養を終え、定期的な抗がん治療をしてりることもあり、自分の為よりも家族の為にが勝ってたのかもしれません。「キレイですね。大丈夫ですよ」の一声で私の胃の痛みは見事に完治。すみません。小噺と言いながら、落ちがありませんでしたね。
イキイキとした文才あるコ・ト・バの一つ一つに慈しみを感じます。 
どうか、あなたの情熱の灯火がかげらん事を。どうか、まけないで・・・ね。
    
Commented by akemi-karko at 2009-05-26 10:26
胃カメラ・・さん・・いつも全身麻酔で検査を受けてきたので、今さら麻酔なしには耐えられそうになく 躊躇中です。吉野山の天辺近くに 藤井利三郎薬房がありまして、そこの陀羅尼助丸(だらにすけがん)が胃腸によいと聞き、ちょっとおかしいと思ったら飲むことにしてます。帯津先生もそれでいいとおっしゃってましたから 敢えて検査せず 自然薬でなだめすかし 胃腸とお付き合いしていこうかなと。漢方でもない この民間薬、なかなかいいです。
Commented by ケン at 2010-07-11 19:10 x
三年振りにクルマで行きました。
コンクリートの味気ない建造物。

吹き抜けに寄贈された中庭が硝子越しに見えました。
芸術作品なんでしょう。


道場へ行き 三年前と同じように太極拳を教えて戴き、その後 合唱しました。

帰り道 懐かしい旧の病院へ寄りました。

まだ、建物は残ってました。

枇杷の木が大きくなったなと感じました。

あの頃ベンチに住みついていたノラネコパンちゃんを探しましたが見当たりませんでした。 もういる訳がないんですけどね。

患者さんを癒やして餌をもらってた
Commented by akemi-karko at 2010-07-12 09:58
ケンさん・・旧 帯津病院は 父に付き添い 通った病院で 新よりも愛着があります。あそこに行く度に 大きな父の声が聞こえてきそうで それで通ってるってとこもありました。
そうですか・・次回は 旧にも寄り道してみましょう
そのベンチで 私はよくおにぎりを食べました(^-^)
Commented by ケン at 2010-07-13 00:29 x
早々返信有り難うございます!
母親入院の為、蝉と一緒に心で泣きながら辿り着いのが、そのベンチでした。
先客のネコが席を譲ってくれました。
その屋根付ベンチは在りません。

他の病院は懐かしくないのに、ここは違います。

それと、この場にたつと、心の力みが抜けるんです。
Commented by akemi-karko at 2010-07-13 07:15
ケンさん・・そうだったのですね
その猫ちゃんにはお会いしたことがなかったです
私がおにぎりをよく食べたベンチは 外の屋根なしだったからかな
院内のあの大きな重りで動く時計も 旧病院でのあの位置の方が
似合ってたなぁ・・なんて思いながらの先日の帯津でした
あの線路沿いの小道も 駅に向かう曲がり角も 畑も 小さな待合室も・・私もあの旧病院は特別な場所です
Commented by ケン at 2010-07-13 21:27 x
駅から帯津迄の、その道7分、ながい心の旅でした。
わたしにも、あの道は、同じ思いのみちです。

電車の騒音に併せ「親不孝を許して!
誰か母ちゃん助けて!」と叫びました。

屋根付白いベンチは、線路側の喫煙所だったんです。
野良猫パンちゃんは、帯津から大宮方面へ四軒目の家の飼い猫で名前がマコなんです。 野良じぁなく、家出ネコなんです。
帯津先生公認、患者会の方やメガネの女性薬剤師の方が可愛いがってました。
Commented by akemi-karko at 2010-07-14 09:15
ケンさん・・あの距離は7分でしたか。
あそこでは 様々なドラマがあったのですね
ひとりひとりのこころの中にも・・
映画「旧 帯津三敬病院ものがたり」いい映画になりそうですが
こころの中では 出来上がっている(^-^)

私はいつも禁食で伺うので 検査後はぺこぺこ~
幕内先生がいらっしゃるのだから 自然食食堂とか せめて売店があってお弁当売ってくれないかなぁ・・って思うのは私だけ??でしょうか・・
Commented by ケン at 2010-07-14 23:01 x
仰る通りだと思います!

旧のように茶店兼販売店で自然食品をだしたら最高ですね!!

当初、主食は玄米だったそうです。
太極拳も患者全員でやったそうです。

枇杷灸も百草使用で枇杷葉でやっていたらしいです。
その為、二本の枇杷の木が在りますよ。


帯津先生は、凄い武術の使い手ですよ。

不世出の達人奥山龍峰の弟子です。
合気道に似てるんですが、それより凄いです。
「八光流柔術」といいます。

柔道や空手のように力まないんです。

帯津さんは医者より武道・武術家になりたかったんじゃないかと思ってます。 講演会の時に技の話しするんですけど、ある程度稽古しないと理解できない内容なんです
Commented by akemi-karko at 2010-07-15 07:01
ケンさん・・それでか・・わかりました(^-^)
講義のあとで必ず 15分程の気功を入れてくださったんですが これが早いんです 一つ一つの動作が。八光流柔術・・テレビで観たことがあります。太極拳の極みの術ですよね?
でも 先生は そうそう(^-^) 私たちが理解できなくてもやるんです もくもくと たんたんとさらっと。

食堂や売店・・きっと余程考えて末の結論だったんだろうなとも実は思っています いろいろ大変になるからかなぁ~って。しかし、せめて持参したお弁当を食す場所!!はほしかったなぁ~あの中庭なんてどうでしょう?丸見えだけど そうならないように木を茂らせて(^-^)

お酒も駅弁も大好きだって言ってました(^-^)
あの先生の 人間力 っていう言葉があるとしたら それはすごいものだと思いますよね すべてを許して受け入れるそこがすごいといつも思います 患者として。

Commented by akemi-karko at 2010-07-15 07:29
ケンさん・・続き
治癒を目的で通ってるわけではないのだけど(漢方もホメオパシーもなにも今はやってません) あのスッと入れる手で 肝臓は腫れてませんね(^-^) と言われるだけでホッとして よしって思っちゃう あの笑顔で癒される・・そうして患者の土壌は整えられていくのでしょうね きっと・・
Commented by ケン at 2010-07-15 12:48 x
賛成です。
中庭にベンチを置いて、そこで食事できたら、砂漠にオアシスです!!!

ヤオコーやレストラン在りますが、落ち込んでいる時、行く気しませんよね!!

あの危ない道路。
体調不良じぁ身体動かない。

病院迄壁伝いに来た方もいられました。

今は動く身体、明日はどうなるか?
そんな目線で捉えたいと思います。

今回感じた事、建築設計思想って大切なんだな…!

旧病院にご意見箱在りましたよね。
新には無かったかな?

次回 在ったら投書します。
Commented by ケン at 2010-07-16 08:17 x
帯津先生が選んだ武術だから凄いんじゃないかと思い挑んでみました。
面白いんです!

技を掛けられるとフラフラと倒れます。

自分で自分笑っちゃうんです。

八光流柔術は繋がりを意識して相手と一体になるんです。

源流は合気道と同じ柔術です。

脱力しないと技は掛かりません。



腕への関節技で頑張って我慢したら、3日間首が回らなかったです。

経絡を意識してるそうです。

鍼灸の名人から同じ事を聴いたことがあります。

それと「皇法指圧」という治療法も有ります。

埼玉県大宮が本部です。

チャンスがあったら挑んで下さい。
Commented by akemi-karko at 2010-07-16 21:17
ケンさん・・いろいろあるのですね(^-^)
皇法指圧 覚えておきますね
Commented by ケン at 2010-07-17 00:44 x
帯津先生が土曜日指導されてる、調和道呼吸法も凄いです。

健康になる。 押されても倒れなくなります。 皇法指圧は、八光流柔術の道場で教えてくれます。
Commented by akemi-karko at 2010-07-17 20:20
ケンさん・・近くだったらねぇ 行っちゃうんですけど。
これも運命と思っています。
by akemi-karko | 2009-05-18 10:38 | がんのこと | Comments(18)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28