ブログトップ

月あかりの産屋

久々に短歌を・・

f0036223_2252182.jpg

"振り絞る 語尾荒々し 産爺の 叫びで日本のおなご目醒める"

"産爺の 細きからだを支えるは 一本の杖 一本の樹なり"

産爺とは 産科医吉村正先生のことです
[PR]
by akemi-karko | 2011-02-12 22:05 | 日記風即興短歌 | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28