ブログトップ

月あかりの産屋

縁側で

f0036223_10444550.jpg

天皇陛下の御前でも お茶を揉まれた手揉みマイスターの勝男爺さまが 血統書付き柴の愛犬子犬のジョーを 連れて 寄ってくださいました
「茶を揉むには 10本の指がちゃんと動かないとだめだ 小指と親指の腹をそれぞれ合わせ その中に茶をためて 擦り合わせて揉む 教えても 形ばかりでなかなかできるひとはいないなぁ」
勝男爺のこの両手・・宝だと思いました
[PR]
by akemi-karko | 2011-05-25 10:44 | 愉快な仲間たち | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28