ブログトップ

月あかりの産屋

ひまわり畑

f0036223_19281710.jpg

末期がんと闘っていた知り合いが旅立った・・
私より後でがんになって
私より先に旅立ってしまったひとたち
「いのちの話」に耳を傾けてくれた10代の子供もいる
ひとりひとりを思いながら
一本一本のひまわりを眺める
[PR]
Commented by polepole-yururin at 2011-08-10 21:36
心よりご冥福をお祈りいたします。
がんばった魂は今頃はつきに行っているのでしょうね。
月明かりさんの名のごとく、月は誕生の象徴とも言えますが、行ってしまった魂はまずは、月で、記憶の浄化をするのだそうです。
月を見上げるということ・・・知人、肉親に思いをはぜているのですね~。
それにしてもひまわりが素敵です。
ひまわりは太陽ですね。光を与えるパワーの象徴ですね♪
Commented by akemi-karko at 2011-08-11 07:33
ゆるりんさん・・まず月で記憶の浄化 なのね・・
月は陰性 見つめてはいけないとと読んだことがありますが このブログタイトルも閃きで決め エッセイの「月と産声」は編集長の閃きで決まりました
偶然 月が並びましたが 
ゆるりんさんのコメントで納得(^-^)
Commented by やみぃ at 2011-08-17 14:55 x
わたしも一緒にお祈りします。
月とひまわりと. . . どちらも大好き。
Commented by akemi-karko at 2011-08-17 18:57
やみぃさん・・お元気?(^-^)
月 ひまわり・・私も大好き♪
このひまわりの前を通るたび 条件反射で「ひまわり娘」を口ずさんでます(^-^)
12月は またお会いしましょうね
9月は まだわからないので・・
by akemi-karko | 2011-08-09 19:28 | がんのこと | Comments(4)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28