ブログトップ

月あかりの産屋

原稿書けた・・

f0036223_16154543.jpg

義父の命日に 義父について一気に書いた
編集長のオッケーが出た 一発オッケーは4年書いていて数回だ
締め切りの30日までさらに推敲する
出来上がったらがんばって英訳する
相当がんばらないとF9C8.gif

夜勤前 編集長から午後2時から野本寛一先生の講座の連絡あり
午後2時5分 飛び起きて いつもの会場に駆け込むと・・
八代目 芳本伊十郎さんの長唄入門講座だった (-_-;)
三味線と長唄・・あれ〜会場を間違えたかなと思ったけど
一度入ってしまった以上、抜けれない状況。
気になりつつも講座終了。終わった後で野本先生の講座は明日だとわかった
ほんとにそそっかしいたらない(-_-;)

時差ぼけでオカシイ 。
しかしです・・伊十郎さんの長唄と三味線 これがよかったのです(^^)
結果オーライ!
さて夜勤に入ります・・
[PR]
Commented by tamtium at 2012-11-24 18:39
今晩は。すっかりご無沙汰しておりますが、お元気なお姿を拝見し、感無量であります。
私は相も変わらず下らない絵を撮っていますが、あなたは、何時も変わらず命の素晴らしさに立ち向かって居られます。
私はそのことに感激しきりであります。

これからも、人類の命のためにご活躍為されますよう、心よりお祈り致しております。
Commented by akemi-karko at 2012-11-25 19:55
takaさん・・ありがとうございますm(__)m
私が見逃している四季の景色・・takaさんのお写真で ハッとさせられます 感謝です 
命ある限り わたしはお産を見つめて そこから全体を眺め続けていきます がんばります(^^)
by akemi-karko | 2012-11-24 16:15 | 連載 月と産声 | Comments(2)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31