ブログトップ

月あかりの産屋

あんず天国へ・・

f0036223_16213095.jpg

昨日死んでしまいました 角があるのがあんず。
写真を探して・・ 母ゆずとのツーショット
雨が 悲しい
いまから夜勤です
[PR]
Commented by K子 at 2013-02-18 23:04 x
えっ?病気だったんですか??
心を痛めての勤務は辛いですね・・・がんばって♪
Commented by polepole-yururin at 2013-02-19 20:10
あんずちゃん、安らかに〜。
そして夜勤って、ずっと毎日仕事してらっしゃるのですか?
Commented by akemi-karko at 2013-02-20 08:26
k子さん・・病死だったようです しかし どんな形で どう最後を迎えるとしても それは寿命。 そんな言葉をどこかで読みましたから そう思って受け入れてます。
Commented by akemi-karko at 2013-02-20 08:27
ゆるりんさん・・はい、昨年から常勤に戻り フルタイムジョブで1年経過しました。
Commented by touseigama696 at 2013-02-20 09:15
もしかして・・あんずは
あなたの10年に封をして・・
胸に抱いての・・旅立ちだったのかも

あなたの命は・・
きっと誰かが放ってはおけないもの
そういう生き方をしてきたあなたへの感謝
そんな気がしてなりません

新しい10年を・・またあなたらしく生きてください
誌面がなくなったのなら
あなたの誌面ができればいいわけで
いずれ・・そうなるのだと思っています
遥かに・・心をこめてエールを送ります
Commented by akemi-karko at 2013-02-20 17:13
三崎哲郎さん・・心強いエールをありがとうございます。
書き続けること ずっと励ましていただき感謝申し上げます。
ちょうど 最終号を送らせいただこうと郵便局でレターパックを購入して帰宅したところです。
 新しい10年・・スタートしました
どうぞこれからも私がどう生きていくか 見守っていてください  
「月と産声」は 書くことがなくなるまで書き続けていきます!
by akemi-karko | 2013-02-18 16:21 | 愉快な仲間たち | Comments(6)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28