ブログトップ

月あかりの産屋

ひとり熱海

f0036223_11234453.jpg

さいたま帯津良一先生の診察は続けています
診察室に入ると「アメリカの父を看取る」を読みましたよ
が、先生の第一声でした
「肝臓の腫れもなし」といつもより長い触診。
それを確認して
熱海を予約し ひとりで一泊。
なぜこんなに熱海か
私は海が好きなんだ
もしかしたら山よりも・・
読書して深呼吸して ・・気をいっぱい貯めて。
海の見えるところに 引っ越そうかなぁ・・
友人に話したら 「焼津はやめてね うきうきする場所にして 葉山辺りに」
そこ〜!!??
 
[PR]
by akemi-karko | 2013-03-05 11:23 | がんのこと | Comments(0)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28