ブログトップ

月あかりの産屋

ギターを聴きながら 短歌を詠む

 ”アメリカンチェアーに揺られ 鼻歌を 歌う爺やは 彼方を見つむ”
 ”童謡が いいんですよと口づさむ 爺やの声は 小鳥の如く”
 "床に臥せ 動けぬ我に 藤の花 見せたかったと夫が植樹す”
 ”五月雨が 藤棚を抜け 地を濡らす 春の雨の 足音を聴く”
 ”花びらを 散らすことなく そのままの姿でそっと土に咲く椿”
[PR]
Commented by tsukimizato at 2006-05-03 05:20
おはようございます。
先日、中里付近を自転車で走っていたら、鳥のさえずりがとても
美しくて本当に良い所だなぁ・・と勝手に感動しておりました。
ギターはダーリンが弾かれるのですか? かなりの使い手の
ようですね。私はフォークギターをちょっとかじった程度です。
今度、教わりがてらギター触らせてもらおうかな?! (^^)
↓アレ?皆さんリアクションないですね!? 
  またエピソードお聞かせください。
Commented by akemi-karko at 2006-05-03 05:59
おはようございます。滝の谷もいいですが、こちらもなかなかでしょ?彼の弾く”カノンの涙”は最高です!Martinギターの音色は、魂を静める不思議な優しい音色・・。時々、とりつかれたように弾いてます。
by akemi-karko | 2006-05-02 19:46 | 日記風即興短歌 | Comments(2)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28