ブログトップ

月あかりの産屋

私の実家で寛ぐ 小田先生

f0036223_20352575.jpg

いつものことながら お産待機だけでくたくたになってしまう私。なんとかしなくては、この性格。でないととても体がもたない。ずっと待っているお産・・早くなりそうだと勝手に菅先生と妊婦さんとよんでいたお産。ちっとも始まらず・・そうこれがお産。臨戦態勢崩せず それでもこの間に、盲目のピアニストKAKEHASHI TSUYOSHI氏のコンサートでPON SANGを思い涙し、韓流ドラマコンサートで 羽田でお会いしたヨン様を思い出し、来日中のスリランカの高僧Dammika氏のお祈りを受け、原稿2稿目に7時間費やし微熱・・、そして今日は 小田先生と静波の海を見に出掛け・・結構動いているのです。そうそう、アクシデントもありました。肌身離さず持っている携帯をトイレにひっぽ投げてしまいました。その日から 夫は私を”ドボン”と呼びます。どうやって便器から取ったの?しつこく尋ねる夫。手に決まってんのに。でも もしあれがとても拾えない状況の便器だったら・・どうするのだろうと真剣に考えました。ん・・。
[PR]
Commented by tsukimizato at 2006-06-02 21:10
こんばんは
災難でした〜。携帯、大丈夫なんですか??
最近、会社のトイレで名札を便器に落としてしまい、そのまま吸い
込まれました。社名も名前も書いてあるからそれこそ個人情報の
流出だなぁ・・・ f(-_-;)
Commented by akemi-karko at 2006-06-02 21:16
大丈夫じゃないですよ。交換しました。まだ変えて4ケ月だったのにです。携帯もどうしようもなかったら流しちゃっていいのかな?まさかね・・。そうですか・・月見里さんの名札、今ごろどこ漂ってるんでしょうねえ。
Commented by akameg at 2006-06-02 23:37 x
こんばんは。パワフルにご活躍ですね。私も月に何回かお産の待機があります。やっぱり落ち着かないですね。でも、そういいつついろいろ動いているカーコさんすごい!私は編みかけのセーターや、作りたい布小物、ベランダのお花たち・・・。時間があったらやりたいものが、1年分はあるかなあ?ないものねだりだとわかっているけど、時間と余裕のある自分が欲しいです。
Commented by akemi-karko at 2006-06-03 05:20
akamegさん・・今、待機中の妊婦さんは、妊婦自身が経産の助産師。陣発したら5分で産まれるかも・・と聞かされつつ こんなにあちこち。今日は、珍しく日勤です。運動会で人手不足とか。全部中途半端になちゃう感じ、わかる。でも、中途半端・・いっぱい持ってるのも楽しいよね?
Commented by taka at 2006-06-03 20:25 x
こんばんは。
携帯、大変でしたね~。よくトイレに落としたという話を聞きます。
私も一応持っていますが、常時携帯してません。これでは「携帯」とは言えませんね!(;^_^A アセアセ…

お産待ち、そして準備と大変なんですね。
誰でも気疲れする場面でしょうから、お産婆さんはなおさらです。
どうぞお体に気を付けられて~!!
Commented by y-muro at 2006-06-03 21:56
こんばんは^^
行動派でいらっしゃるのですね^^
トイレで携帯・・のご夫婦のやりとり、面白い^^
仲が良いのですね~
Commented by taroveju at 2006-06-04 01:12
この小田先生の写真、とってもいいですね。
椅子の感じも窓の外の風景も、先生の表情も、そっと置かれたお茶とお菓子も。。。
朱美さんの愛と優しさが伝わってきます。
何を一生懸命めもっているのかしら?
Commented by akemi-karko at 2006-06-04 16:35
takaさん・・こんにちは。生まれました!“待ち”からの開放です。大大大の安産でした。元気なパパ似の男の子。こうして私はいつもパワーを一気に回復させるんですよ。
Commented by akemi-karko at 2006-06-04 16:39
muroさん・・お昼にお産が終わり、今夜はこれからケルト音楽のコンサートへ夫と出掛けます。私の呼び名はコロコロと変わります。一覧表にしたら、一体いくつあるだろう・・。
Commented by akemi-karko at 2006-06-04 16:43
ちかげさん・・小田先生が思い出しながら書かれていたものは・・ロバート・ブリッチイズの詩”ナイチンゲイルズ”です。勿論英文で。そのうちに
翻訳本を出したいとのことでした。とても素敵な詩です。
by akemi-karko | 2006-06-02 20:35 | 愉快な仲間たち | Comments(10)

いつも二つの魂にそっと寄り添う産婆でありたい・・それだけを思ってお産を見つめてきました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28